AdSense Managerの使い方と設定方法やアドセンスコード短縮のメリット


AdSense Managerとは、登録したアドセンスコードを1行のコードに変換させることができるプラグインです。

プラグインに登録するので、アドセンスコードを改変する規約違反にならないで、コードを短縮できるのです。

HTMLのコードの量を減らしてスッキリできる他、プラグイン「AddQuicktag」と組み合わせれば、記事中に簡単にアドセンスコードを入力することができます。

今回は、「AddQuicktag」を使って、記事の中にアドセンスコードを入力するための設定方法について説明します。

AdSense Managerの導入

まずはプラグインの検索で、AdSense Managerと入力し、プラグインをインストールし、有効化します。

AdSense Manager編集画像1

有効化したら、投稿→Ad Unitsと進みます。

AdSense Managerの設定

AdSense Manager編集画像2

すると、このような画面になります。ここはアドセンスコードを登録してユニットを作成する画面です。

画像赤枠の入力フォームに、アドセンスコードを入力して、下の「Import」のボタンをクリックします。

AdSense Manager編集画像3

すると、この画面に切り替わります。右側の「Code」に、先ほど入力したアドセンスコードが表示されています。

Nameのところに、アドセンスコードを入力したこのユニットの名前を入力します。次に「Display Option」にある選択バーを選びます。このユニットの表示を許可する場所をここで選びます。

初期では「Use Default」という表示になっています。全部「Yes」に切り替えます。設定が完了したら、「Save Changes」をクリックします。

AdSense Manager編集画像4

このようになればOKです。編集の際は、上の画像の赤枠内にある「Edit」から、先ほどの編集画面に入れます。ユニットを削除する時は、「Delete」をクリックします。

名前は英語でも日本語でも構いませんが、日本語にすると赤枠の上にある「%8〜」という表記になりますが、これでは文字列が長くなってしまうので、英数字の方がオススメです。

実際にこのまま記事の中に挿入する時は、[Ad#設定した名前](←大文字の「A」を「a」にして下さい)というコードにして挿入します。

画像の赤枠のコードなら[Ad#adsense1](←大文字の「A」を「a」にして下さい)というコードになります。

次ページ

12次

    

感想・質問コーナー

  1. chimi より:

    最近賢威を使い始めました。そこでアドセンスが表示されなくて困っているときに、あなたのこのサイトを見つけました。本当に役立ちました。助かります。
    もしよかったら私は、野球のサイトをしているのですが、あなたのブログの宣伝?してもよろしいでしょうか。
    soya03.com

    • ヒデアキ より:

      chimiさん

      こんばんは、ヒデアキです

      メッセージありがとうございます

      いつもネトレピを読んで頂きありがとうございます。

      是非、ネトレピを紹介して頂ければと思います。

今回の記事はお役にたてましたでしょうか?

もし、今回の記事を読んで感想や分からない事などありましたら、下のフォームより僕にお伝え下さい。

些細な事でも構いません。

おそらく、あなたが抱いた疑問は、これからこの記事を読む方も抱く疑問です。

そういった疑問を1つ1つ解決していきます。

コメントして頂ければ気づき次第、すぐに回答いたします。

このブログは、

・アフィリエイト開始初月から9万円のネット収入が得られた秘密

アフィリエイト開始2ヶ月目で以前勤めていた会社からの給料と
 同額
のネット収入を確保した方法

・5ヶ月目で月収120万円を達成した最先端テクニック

・これから流行り始めるブログマネタイズの新しい思考法

などを書いています。

只今、ブログの内容をより体系的にまとめたビジネス教科書を
無料でプレゼントしています。

以下のフォームに教科書を受け取るメールアドレスと、
あなたの苗字を記入してプレゼントをお受け取り下さい。





記事一覧


著者:ヒデアキ
現在は、毎月100万円の収入を得ているブログアフィリエイトの知識を活かして「新たな収入源を手に入れ大切な人を守りたい」と真剣に考えている方を全力でサポートしています。
更に詳しいプロフィールはこちら


このページの先頭へ