ワードプレスでアドセンス広告を記事中に自動で表示する簡単な設置方法


アドセンス広告は、投稿記事タイトルの真下と記事の最後に挿入することで、クリック率を上げる事ができます。

※アドセンス広告の報酬を最大限に増やすノウハウは、こちらのコンテンツでも解説しています

【トレンドアフィリエイトの始め方】最短で成功する為の進め方とコツ

ただ、ワードプレスにアドセンス広告を貼り付ける場合、アドセンスコードをそのままphpに貼り付けることも出来ますが、ソースコードが増えることで、記事の読み込みスピードが遅くなってしまいます。

なので「AdSense Manager」というプラグインを使い、アドセンスコードをシンプルにして、プログラムに組み込みます。

AdSense Managerを使ったアドセンス広告の簡単な設置方法

まずはプラグイン「AdSense Manager」をインストールして有効化します。

AdSense Managerの使い方

アドマネphp設定赤枠入り画像1

そしたら、ワードプレスのダッシュボード→投稿→Ad Unitsというのがありますので、そこをクリックします。

アドマネphp設定赤枠入り画像2

すると、Add your ad!と書かれた文章の下に、入力フォームがありますので、そこにアドセンスコードを貼り付けます。

このとき上の画像のように、あらかじめ、センタリングのタグとスポンサーリンクの表記を一緒に書いておきます。

「<p style=”text-align: center;”>スポンサーリンク</br>アドセンスコードをコピペします</p>」

赤字の部分をあなたのアドセンスコードに置き換えて下さい。

そしたら、入力フォーム下の赤枠のボタン「Import」をクリックします。

アドマネphp設定赤枠入り画像3

すると、このような画面が出てきます。

上の画像右側に、先ほど入力したアドセンスコードが表示されています。

そしたら左側の赤枠のうち「Name:」の部分に、今回短縮したアドセンスコードの名前を入力します。

このとき、日本語で名前を設定すると、「%E3%82%A2%E3%83%89%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%82%B9」などと長い文字になってしまいます。これでは短縮した意味がなくなってしまうので、必ず英数字で名前を書いて下さい。

例えば、記事タイトルの真下に挿入するアドセンスコードなら「posttop」、記事の最後に挿入するアドセンスコードなら「postunder」といった具合です。

そして、「Name:」の下の赤枠「Display Options」の部分は、アドセンスコードを表示させる場所を設定するところです。

こちらは選択式になっていますが、今表示されている「Use Default」を全部「Yes」に変えてください。

そしたら、また下の赤枠のボタン「Save changes」をクリックします。

アドマネphp設定赤枠入り画像4

これでアドセンスコードが短縮されました。

今回は例として「testcode1」と「testcode2」を作りました。

コードを追加する時は、画像赤枠の「Add New Ad」から設定画面に行くことができます。

また、短縮したコードの中身を変更したいときは、各コードの欄にある「Edit」で編集画面に行けます。

そして、ここからが本番です。

画像内の英文の中にグレーの背景色で書かれているプログラミングのコードがあります。そのうち、赤いラインを引いたところのプログラミングコードを使います。

「<?php adsensem_ad(‘name‘); ?>」

nameの部分を赤字にしていますが、こちらに先ほど「Name:」に書いた名前を書くことで、短縮したアドセンスコードが記事の中に読み込まれるという仕組みです。

なので、上の画像の場合は、<?php adsensem_ad(‘testcode1′); ?>と<?php adsensem_ad(‘testcode2′); ?>ということになります。

このコードをテンプレート内のうち、ワードプレスの投稿記事を出力している「single.php(単一記事の投稿)」の任意の場所に貼り付けることで、アドセンスコードが記事に反映されます。

そしたら次にコードを貼り付けに行きます。ワードプレスのダッシュボード→外観→テーマ編集と進み、左のテンプレートから「single.php(単一記事の投稿)」に行きます。

ここはワードプレスの投稿記事を出力しているphpファイルの中身です。

アドマネphp設定赤枠入り画像5そしたら、上の画像の赤枠のような部分、<!–本文–>と書かれているコードと同じ部分を見つけ、<?php adsensem_ad(‘testcode1′); ?>を貼り付けます。

上の画像の赤枠内の部分を書き出すと次のようになっています。

<h2 class=”post-title”><?php the_title(); ?></h2>(←記事タイトル)

<?php get_template_part(‘social-button’); ?>(←共有ボタン)

 

<div class=”article”>(←記事のレイアウト)

<!–本文–>

<?php the_content(); ?>(←記事本文)

<!–/本文–>

</div>

ここに「<?php adsensem_ad(‘testcode1′); ?>」と「<?php adsensem_ad(‘testcode2′); ?>」を次のように貼り付けます。

<h2 class=”post-title”><?php the_title(); ?></h2>

<?php get_template_part(‘social-button’); ?>

<?php adsensem_ad(‘testcode1′); ?>(←記事タイトルの下)

<div class=”article”>

<!–本文–>

<?php the_content(); ?>

<?php adsensem_ad(‘testcode2′); ?>(←投稿記事の下)

<!–/本文–>

</div>

僕のブログではこのようになっています。

アドマネphp設定赤枠入り画像7

この貼り付けができたら、画像下の「ファイルを更新」ボタンをクリックして保存します。

そしたら、実際の投稿記事を確認してみましょう。

アドマネphp設定赤枠入り画像8

まず、投稿記事のタイトル下です。

上の画像赤枠のように、ちゃんと出力されていますよね。あらかじめセンタリングのタグを入れているので、中央に寄せることができます。

ここが「<?php adsensem_ad(‘testcode1′); ?>」の部分になります。

続いて記事の下です。

アドマネphp設定赤枠入り画像9

ここもちゃんと出力されています。

こちらが、「<?php adsensem_ad(‘testcode2′); ?>」の部分になります。

このようになっていればOKです。

今回の記事はお役にたてましたでしょうか?

もし、今回の記事を読んで感想や分からない事などありましたら、下のフォームよりお伝え下さい。

些細な事でも構いません。

おそらく、あなたが抱いた疑問は、これからこの記事を読む方も抱く疑問です。

そういった疑問を1つ1つ解決していきます。

コメントして頂ければ気づき次第、すぐに回答いたします。



総合案内

著者情報
著者情報
年収1000万円まで守る2つの事
読者さまの声
読者さまの声
もくじ
もくじ
超初心者講座
超初心者講座
ブログ基礎講座
ブログ基礎講座
トレンドブログ講座
トレンドブログ講座
パワーブログ講座
パワーブログ講座
マインドセット
マインドセット
コピーライティング
コピーライティング
ブログアフィリエイト
ブログアフィリエイト
トレンドアフィリエイト
トレンドアフィリエイト
ネットビジネス
ネットビジネス
SEO
SEO
コラム
Googleアドセンス
Googleアドセンス
与える事に徹する
与える事に徹する
先生の選び方
先生の選び方
Googleアドセンスの始め方
Googleアドセンスの始め方
賢威カスタマイズ
賢威カスタマイズ
このブログについて
このブログについて
女性のブログアフィリエイト
女性のブログアフィリエイト
そもそものステップが違う
そもそものステップが違う
中高年の方はシンプルな方法がお勧め
中高年の方はシンプルな方法がお勧め

このページの先頭へ