ブログアフィリエイトは、記事数を増やし続けないとアクセス数が落ちて(下がって)しまうのか?〜アクセスアップのコツは、記事数よりもキーワード選定と文字数にあり〜


「ブログは、記事を書き続けないとアクセスが下がってしまうのでしょうか?」

といった質問をよく頂きます。

たしかに、ネット上を見ても「記事の更新をしなくなったらアクセスが下がった。」「記事の更新を再開したらアクセスが上がった。」と書かれている事が多いです。

ですが、実際は、ブログ記事を書き続けなくともアクセスは下がらないです。

例えば、このブログ(ネトレピ)も、数ヶ月に1記事ペースで更新している程度ですが、アクセスは下がりません。

むしろ右肩あがりで上がり続けています。

今回は、

・なぜ記事を書かなくともアクセスは下がらないのか?

・どういった記事を書けばアクセスが下がらないのか?

について解説します。

この記事を最後まで読めば、アクセスが下がらないブログ運営方法が分かります。

アクセスが下がらない、という事は、自動でアクセスを集めてくれるブログが持てる、という事です。

僕は、こういった自分が手を動かさずとも、『自動』で働いてくれるブログを、資産型のブログと呼んでいます。

アクセスが下がらないブログは、資産のようなブログです。

今回の記事を読めば、そういった、資産のようなブログが持てるようになります。

アクセスが集まるメカニズムについて

アクセスが下がらないブログを持つには、まず、ブログにアクセスが集まるメカニズムについて理解します。

僕たちのブログにアクセスが集まるのは、『運』とか『努力』とか、そういった事ではなく、ちゃんと論理的に説明できる理由があります。

ブログにアクセスが集まる『メカニズム』というものが存在します。

僕たちは、その、アクセスが集まるメカニズムを知る事で、アクセスが集まりやすいブログを作る事ができます。

このメカニズムを知っている人と知らない人では、同じ時間、同じ作業量をこなした場合でも、アクセスに何十倍もの差がでます。

闇雲に記事を書き続けてもアクセスは集まりません。

僕たちは、アクセスが集まるメカニズムを理解し、必要最低限の時間で、必要最低限の作業量で、大量のアクセスが集まるブログを作ります。

僕たちのブログにアクセス(人)が集まるまでの過程は以下のようになっています。

1.検索ユーザーが、普段の生活で疑問に思った事や悩みを(キーワードを)、グーグルの検索窓に打ち込む

2.グーグルは、検索ユーザーによって検索窓に打ち込まれたキーワードを元に、ネット上に無限に存在するブログの中から、その疑問や悩みを解決するであろうブログをランキング形式で検索結果に表示させる

3.検索ユーザーは、ランキング形式で検索結果に表示されたブログの中から、1つを選んでアクセスする

これが、僕たちのブログにアクセスが集まるまでの過程です。

この過程を深く読み解くと、ブログにアクセスを集める為のポイントが見えてきます。

ここからは、1.2.3.それぞれの過程から見えてくるアクセスアップのポイントについて解説します。

1.検索ユーザーが、普段の生活で疑問に思った事や悩みを(キーワードを)、グーグルの検索窓に打ち込む

アクセスが集まっているブログと、アクセスが集まらないブログの1番の違いは、検索ユーザーが使っている単語(キーワード)を使って記事を書いているか、という事です。

例えば、『美味しいカレーの作り方』『美味しいカレーの捨て方』この2つの記事の場合、『美味しいカレーの作り方』のほうが、検索ユーザーが使用しているキーワードを使っています。

多くの人は、カレーの捨て方、よりも、美味しいカレーの作り方に興味があります。

このように、僕たちのブログにアクセスを集めるには、検索ユーザーが実際に検索しているキーワードを使って記事を書きます。

そして、沢山検索されているキーワード(検索ボリュームの多いキーワード)を使って記事を書けば、その分、最終的に僕たちのブログに訪れるアクセスは増えます。

ですので、アクセスが集まる記事を書くには、『そのキーワードは、実際に検索されているキーワードは何か?』を予め把握しておきます。

実際に検索されているキーワードを調べるには、グーグルや、ヤフーの、虫眼鏡キーワード、サジェストキーワードを調べます。

グーグル、ヤフーの、虫眼鏡、サジェストキーワードは、検索ユーザーがよく検索しているキーワードを、グーグル、ヤフーが記憶して、検索候補として表示させています。

ですので、虫眼鏡、サジェストキーワードに表示されているキーワードというのは、実際に検索されていて、検索ボリュームも十分にある、という事です。

虫眼鏡キーワード、サジェストキーワードについては、こちらの記事で詳しく解説しています。

関連キーワードの選び方(サジェストキーワード・虫眼鏡キーワード)

また、実際に検索されているキーワードを使って記事を書く際に、記事本文だけにキーワードを入れるのではなく、記事タイトルにもキーワードを入れます。

実は、グーグルが最も重要視しているのは、記事のタイトルです。

記事のタイトルに、検索ユーザーが検索しているキーワードを入れないと、そのキーワード(上位表示を狙っているキーワード)で上位表示(検索結果のトップページに表示)させる事はできません。

ですので、記事を書く時は、狙ったキーワードを必ず記事タイトルに入れるようにします。

2.グーグルは、検索ユーザーによって検索窓に打ち込まれたキーワードを元に、ネット上に無限に存在するブログの中から、その疑問や悩みを解決するであろうブログをランキング形式で検索結果に表示させる

検索ユーザーが実際に検索しているキーワード(僕たちが上位表示を狙っているキーワード)を記事タイトルに入れて記事が書けた場合。

その場合、狙ったキーワードからアクセスが集まるようになります。

ただ、その記事が「この記事は、検索ユーザーが抱えている疑問、悩みを解決する可能性が低い」とグーグルに判断された場合。

その場合、その記事は、検索結果の上位には表示されません。上位表示(トップページに表示)されないので、多くのアクセスが集まる事もありません。

※検索結果のトップページには、上位10個のブログしか表示されません。11位からは検索結果の2ページ目に表示されます。そして、検索ユーザーの殆どはトップページしか見ていません。

検索結果 1ページ目

ですので、僕たちは、グーグルに「この記事は、検索ユーザーの疑問、悩みを解決する可能性が高い」と高評価を得る為の対策をします。

グーグルから高評価を得る事で、検索結果(グーグルが、ネット上に無限に存在するブログをランキングした結果)のトップページに表示されるようになります。

ではどうすれば、グーグルから高評価を得る事ができ、検索結果の上位に自分のブログを表示させる事ができるかというと『ネット上の他の記事よりも、検索ユーザーの疑問、悩みを解決する記事を書く』という事をすれば、僕たちのブログは、検索結果の上位に表示される事になります。

先に解説した通り、グーグルは、ネット上に無限に存在するブログの中から、検索ユーザーの疑問や悩みを解決するであろうブログに順位をつけて、ランキング形式で検索結果に表示させています。

実は、検索結果というのは、グーグルによって選考が行われた『検索ユーザーの疑問、悩みを解決しているブログランキング』なのです。

つまり、検索結果の1番上に表示されているブログというのは、検索ユーザーの疑問、悩みを解決しているブログの第1位に輝いたブログなのです。

もちろん、現在、検索結果の1番上に表示されているブログでも、2番目、3番目・・・X番目と順位が下がる事があります。

なぜ、順位が下がるかというと、『グーグルが、そのブログの評価を下げたから』という事ではなく、それまで2番目、3番目・・・X番目に表示されていたブログの評価をグーグルが上げたからです。

多くの方は、自分のブログの検索順位が下がると「自分のブログに何か原因があったのでは?」と考えます。

ですが、検索順位が下がる原因の多くは、自分のブログに問題がある、というよりも、単に、他のライバルブログがグーグルから良い評価を受けて検索順位が上がった。

ライバルブログの検索順位が上がった結果、自分のブログの検索順位が下がった。という事が殆どです。

※もちろん、ブラックハットSEOなど、グーグルが推奨していない手法で検索順位を上げていた場合は、検索順位が下がった時に「自分のブログに原因があった」と考えます。

検索結果は、同じキーワードで上位表示を狙うライバルブログとの『相対的な結果』です。

中学や高校でも、テストの点数が高かった人、上位10名が廊下の掲示板に貼りだされましたが、あれと一緒で、いくら自分のテストの点数が良かったとしても、更にそれ以上の点数をとった人が他に10名以上いた場合、掲示板には貼りだされません。

『相対的な結果』というのは、こういう考え方です。

この考え方が分かると、検索結果の上位に表示させるには、『ネット上の他の記事よりも、検索ユーザーの疑問、悩みを解決する記事を書き、グーグルから高評価を受ける事が大切』という事が分かります。

グーグルから高評価を受けるポイントは、『ネット上の他の記事よりも、検索ユーザーの疑問、悩みを解決する記事を書く』という事が1番ですが、その他にも、ちょっとしたポイントがあります。

そういった、ちょっとしたポイントについては、こちらの記事で解説しています。

【ホワイトハットSEO】Google検索エンジンのペナルティ判定の種類と良い評価が得られるブログ運営方法

3.検索ユーザーは、ランキング形式で検索結果に表示されたブログの中から、1つを選んでアクセスする

検索ユーザーが実際に検索しているキーワードを使って記事を書いた。

他のライバルブログが解決しきれていない、検索ユーザーの疑問、悩みを解決した記事を書いた。

この2つをクリアしていれば、いずれ検索結果の上位(トップページ)に僕たちのブログが表示されます。

そして、検索結果に表示された僕たちのブログから、検索ユーザーはアクセスしてくれます。

ただ、僕たちが、上記した2つの条件。

1.検索ユーザーが実際に検索しているキーワードを使って記事を書いた。

2.他のライバルブログでは解決しきれていない、検索ユーザーの疑問、悩みを解決した記事を書いた。

を満たしていたとしても、検索結果の上位に、すぐには表示されない可能性があります。

その理由は色々ありますが、1つ例をあげると『グーグルが、ネット上に投稿された新しい記事を正しく評価するのには時間がかかる』というのがあります。

どういう事かというと、グーグルは、検索結果の順位を決める時、ネット上にある無数のブログを比較し、より、検索ユーザーの疑問、悩みを解決する可能性の高いブログから順に、検索結果に表示させようとしています。

グーグルが検索順位を決める際、大切にしているのが、その記事が、過去の検索ユーザーに、どのように使われてきたか?という事です。

例えば、あなたが書いた記事に、これまで100人が訪れたとします。その100人中、90人が記事を読み込み(記事の滞在時間が延びる)、その記事のみではなく、2ページ目、3ページ目と関連記事を読み込み(ページ/セッションが上がる)、また別の日も、あなたのブログに再度アクセス(リピーター比率が上がる)していた場合。

その記事は、『検索ユーザーの疑問、悩みを解決している可能性が高い』とグーグルは判断します。

この事からも分かる通り、グーグルは、新しく投稿された記事を評価する時、過去にその記事を使った人の動きを見ています。

なので、その記事が、検索ユーザーに必要とされている記事かどうかを判断(評価)するのに時間がかかってしまいます。

こういった理由があり、僕たちが、

1.検索ユーザーが実際に検索しているキーワードを使って記事を書いた。

2.他のライバルブログでは解決しきれていない、検索ユーザーの疑問、悩みを解決した記事を書いた。

この2つの条件を満たしている記事を書いた場合でも、すぐには検索結果の上位に表示されない事があります。

ただ、この2つの条件を満たしている記事であれば、いずれ、検索結果の上位に表示される事になります。

その理由は、検索ユーザーは、自分が抱える、疑問、悩み、が解決されるまで検索を続けるからです。

特に、その疑問、悩みが深ければ深いほど、検索ユーザーは、検索をし続けます。

なので、僕たちが、他のブログでは解決しきれていない、検索ユーザーが抱える、疑問、悩み、を解決していれば、いずれ検索ユーザーは、僕たちのブログにたどり着きます。

そして、僕たちのブログにたどり着いた検索ユーザーは、それまで色々なブログを見てきたにも関わらず解決できなかった、疑問、悩みを僕たちが書いた記事を読む事で解決する事になります。

そうすると、検索ユーザーは、僕たちのブログのファンになってくれます。

ファンの方は、僕たちのブログを最後までしっかり読み込んでくれます。

→ブログの滞在時間が伸びます。

ファンの方は、1ページだけでなく、僕たちのブログ記事を2ページ、3ページ・・・と沢山読んでくれます。

→ページ/セッションが上がります。

ファンの方は、僕たちのブログに1度だけでなく、別の日も、また別の日もアクセスしてくれます。

→リピーター比率が上がる。

『ブログ滞在時間が長い』『ページ/セションが多い』『リピーター比率が高い』

先に解説した通り、グーグルは、こういった数字を見て、「この記事は、検索ユーザーの疑問、悩みを解決する可能性が高い」と、僕たちの記事(ブログ)を高評価してくれます。

高評価してくれるので、少しずつ検索結果の上位(検索ユーザーの目につきやすい位置)に僕たちのブログを押し上げてくれます。

つまり、

1.検索ユーザーが実際に検索しているキーワードを使って記事を書いた。

2.他のライバルブログでは解決しきれていない、検索ユーザーの疑問、悩みを解決した記事を書いた。

この2つの条件を満たしている記事を僕たちが書いていれば、記事を書き終えた後すぐに、検索結果の上位に僕たちのブログが表示されなかった場合でも、いずれ、検索結果の上位に僕たちのブログが表示され、そこから僕たちのブログに、検索ユーザーがアクセスしてくれる、という事になります。

検索ボリュームと検索順位について

実は、ブログにアクセスが集まるかどうか、その条件は2つしかありません。

条件1:検索ボリュームが十分あるキーワードを狙う

条件2:僕たちが書いた記事が狙ったキーワードで検索結果の上位に表示されている

そして、これまで解説してきた、

1.検索ユーザーが実際に検索しているキーワードを使って記事を書く

2.他のライバルブログでは解決しきれていない、検索ユーザーの疑問、悩みを解決した記事を書く

この2つは、条件1、2を満たす為に僕たちがやるべき事でした。

ブログにアクセスを集める最新テクニックとか、奇跡のノウハウとか、マル秘情報とか、そういった変な情報はネット上に沢山あります。

ですが、本当の本当は、ブログにアクセスが集まる条件は、

条件1:検索ボリュームが十分あるキーワードを狙う

条件2:僕たちが書いた記事が狙ったキーワードで検索結果の上位に表示されている

この2つしかなく、この2つの条件を満たすには、

1.検索ユーザーが実際に検索しているキーワードを使って記事を書く

2.他のライバルブログでは解決しきれていない、検索ユーザーの疑問、悩みを解決した記事を書く

この2つをやれば良いだけなのです。

想像して頂きたいのですが、例えば、仮に、

世の中の多くの人が、グーグルの検索窓に『マクドナルド』と打ち込んだ場合。

本来であれば、マクドナルドの公式ページが検索結果の1番上に表示されるはずです。

ですが、もし、たまたま、偶然、様々なミラクルが重なって、僕たちのブログが検索結果の1番上に表示されていたら、僕たちのブログには大量のアクセスが集まります。

その理由は、

条件1:検索ボリュームが十分あるキーワードを狙う

条件2:僕たちが書いた記事が狙ったキーワードで検索結果の上位に表示されている

この2つの条件を満たしているからです。

この2つの条件は、とてもシンプルです。複雑ではないです。

そして、僕たちが、この2つの条件を満たす為にやるべき事もシンプルです。

1.検索ユーザーが実際に検索しているキーワードを使って記事を書く

2.他のライバルブログでは解決しきれていない、検索ユーザーの疑問、悩みを解決した記事を書く

この2つだけです。

記事の更新をやめるとアクセスが『下がる』ではなく、記事を更新するとアクセスが『一時的に上がるだけ』

ここまでで、僕たちのブログにアクセスが集まるメカニズムと、そのメカニズムから導き出された『ブログにアクセスを集める方法』が分かりました。

このメカニズムが分かると、なぜ、記事を書き続けなくともアクセスが下がらないのかが見えてきます。

ブログ運営をしていると、それまで毎日記事を書き続けてきたブログを、ある日、1日だけ更新しなかったら、その翌日にアクセスが下がった。

という経験をした事があると思います。

こういった経験をしている人が多い為、ネット上に、『記事の更新をしなくなったらアクセスが下がった。』という情報が出ます。

ですが、『記事の更新をしなくなったらアクセスが下がった。』という捉え方は間違いで、正しい捉え方は、『記事を更新したらアクセスが一時的に上がった』です。

多くの方は、アクセスに関する間違った捉え方をしているので、『ブログは毎日更新し続けないとアクセスが下がってしまう』と考えてしまいます。

正しい捉え方は、ブログの記事を更新すると、一時的にアクセスがあがる。ブログの記事を更新しないと、本来あるべきアクセス数に戻る。です。

そもそも、記事の更新頻度と、ブログのアクセス数は比例する、という考え方自体が間違っています。

先に解説した通り、アクセスが上がったのは、検索結果の上位に僕たちが書いた記事が表示されたからです。

グーグルは、新しい記事が投稿されると、その記事にクローラーを向かわせ、クローリング(その記事の内容を読み取る)します。

そして、クローリングされた(読み取られた)情報が、グーグルのデータベースにインデックスされ(登録され)、そして、ランキングされます(検索結果に表示させる順位が決められる)。

クローラーは、1度、記事をクローリング(読み取る)しただけでは、その記事の内容を詳しく読み取ってくれません。

クローラーが、同じ記事を、2度、3度とクローリングする事で、ようやく詳しい情報がグーグルのデータベースに登録されます。

そして、グーグルは、ランキングを行う時、より詳しい情報を掲載しているブログを検索結果の上位に表示させようとします。

つまり、クローラーが2度、3度・・・と複数回に渡り訪れた記事というのは、検索結果の上位に表示されやすいのです。

記事を更新するとクローラーがブログに訪れてくれる。と解説しましたが、クローラーは、1度ブログに訪れた時、ブログ内の複数のページをクローリングしてくれます。

つまり、1つ記事を投稿すると、クローラーは、投稿された記事の他、同じブログ内にある他の記事もクローリングしてくれます。

他の記事もクローリングされるので、同じブログ内の複数の記事の、より正しい情報がグーグルのデータベースに運ばれる事になります。

そして結果的に、僕たちのブログ内の複数の記事が、検索結果の上位に表示されやすくなります。

複数の記事が検索結果の上位に表示されるので、その分、アクセス数も伸びます。

ただ、グーグルは、先に解説した通り『検索ユーザーの疑問、悩みを解決する可能性の高い記事を検索結果の上位に表示させる』ため、もし、僕たちが書いた記事が、その条件を満たしていないとグーグルに思われたら、グーグルは、元の順位に記事を戻します。

順位が元の位置に戻れば、それと連動して、アクセス数も元のアクセス数に戻ります。

この事が分かると、『ブログの記事を更新すると、一時的にアクセスがあがる。ブログの記事を更新しないと、本来あるべきアクセス数に戻る』理由が分かります。

検索順位を下げなければ、アクセスもキープされる

ここまでで、『記事の更新頻度と、ブログのアクセス数は比例する』つまり、『記事を更新すると、ブログのアクセス数は延びる』は少し間違った考え方で、厳密には、『記事を更新すると、一時的にブログ記事の検索順位が上がる為、一時的にブログのアクセス数が延びる』という考え方が正しい、という事が分かりました。

つまり、アクセスを延ばす為のポイントは、『記事の更新頻度』ではなく『検索順位』という事です。

繰り返しになりますが、記事の更新頻度を上げたからアクセスが増えるのではなく、記事の更新頻度を上げた事によって、一時的に検索順位があがった。だから一時的にアクセスが増えた。という事です。

この事が分かると、アクセスを集める為には、検索順位を上げる事が大切。という事が分かります。

どうすれば、僕たちが書いた記事の検索順位を上げる事ができるかというと、先に解説した通り『他のライバルブログが解決しきれていない、検索ユーザーの疑問、悩みを解決した記事を書く』という事をします。

グーグルは、検索結果に、検索ユーザーの疑問や悩みを解決する可能性のあるブログを、「ん〜。1位はこのブログ。2位はこのブログ。3位はこのブログ・・・」とランキング形式で表示させています。

ネット上にある全てのブログが検索結果の1位に表示される事はなく、検索結果の1位に表示されるブログは、1つしかないです。これは、2位、3位も同じです。

検索結果は、他のブログとの相対的な結果である為、他のブログが1位だった場合、僕たちのブログが1位になる事はありません。2位以下になります。

なので、僕たちが書いた記事を検索結果の上位(10位以内)に表示させる為に、他のライバルブログよりも検索ユーザーの疑問、悩みフォーカスした記事を書きます。

この、『検索結果は他のブログとの相対的な結果』というのは、すごく重要です。

ブログを運営している多くの方は、「手を触れずとも自動でアクセスが集まり続けるブログを持ちたい!」と考えています。

どうすれば手を触れずとも自動でアクセスが集まり続けるブログが持てるかというと、他のブログと圧倒的な差をつけて、検索ユーザーの疑問、悩みを解決する記事を書きます。

検索順位が高ければ、その分、優先的に僕たちのブログにアクセスが集まります。

そして、検索結果(検索順位)は、他のブログとの相対的な結果です。

なので、他のブログを寄せ付けない程の圧倒的な記事(検索順位が下がらない記事)が書ければ、自動でアクセスは集まり続けます。

このように解説すると、

「他のブログを寄せ付けない圧倒的な記事を書くのは大変そう・・・やっぱりブログアフィリエイトは難しいんだ・・・」

と思われるかもしれません。

たしかに、ブログアフィリエイトは、楽して稼げるものではないです。

ここまで、この記事を読まれたあなたなら既に承知していると思います。

ただ、ブログアフィリエイトは楽して稼ぐ事はできませんが、楽しみながらお金を稼ぐ事はできます。

どういう事かというと、人は、自分の好きな事。興味のある事は、他人から何も言われなくても続ける事ができます。

逆に、自分に興味のない事は、続ける事が出来ないです。

例えば、「今日から健康に関するブログを立ち上げよう!」と思っても、そもそも、健康に自分が興味を持つことができなければ、そのブログは失敗します。

検索結果は他のブログとの相対的な結果、と解説しましたが、健康に興味を持っている人と、健康に興味を持っていない人。

この2人が同時期にブログを始めた場合、勝つのは、健康に興味を持っている人です。

おそらく、健康に興味を持っている人は、自分が好きな事をやっているので、ネット上の他のブログを読み込んで、他のブログでは解説されていない事までも記事にまとめる事ができます。

おそらく、健康に興味を持っている人は、自分が好きな事をやっているので、「あ〜記事を更新するの飽きた〜。楽しくない〜。」なんて事は思いません。間に多少の空きがあったとしても、おそらく、半年、1年と、記事を更新し続けます。

このように、ブログで結果を出せるかどうかというのは、ブログのテーマを決めた時点でほぼほぼ決まっています。

いくらお金が発生しやすいテーマに参入しても、そもそも、そのテーマに興味が無かったら失敗します。

そういった、お金が発生しやすいテーマは、「稼ぎやすい、と聞いたから」という理由から、多くのアフィリエイト初心者が参入するテーマでもあるので、なおのことです。

なので僕たちが、他のブログでは解決しきれていない検索ユーザーの疑問、悩みを解決するブログ。つまり『他のライバルブログを寄せ付けない圧倒的なブログ』を作るには、自分が興味の持てるテーマ。パッションの持てるテーマに参入する事が大切です。

ブログアフィリエイトで成功できるかどうか?これを突き詰めていくと、他の人よりも、そのブログテーマに情熱を持てるか?といった話になります。

もし、あなたが、これからブログアフィリエイトを始める場合は、まず最初に、あなたにピッタリのブログはどういったものかを明らかにします。

あなたの、性格、生活環境、趣味趣向にピッタリなブログの見つけ方に関しては、こちらの記事で解説しています。

ブログアフィリエイトの始め方

検索順位が下がらない記事の書き方

ここまでで、記事の更新頻度を上げたとしても、それは一時的に記事を検索順位の上位に表示される効果しかなく、当然、一時的にしかアクセスが上がらない。という事。

そして、多くの方は、この事を理解していない為、『記事の更新をやめるとアクセスが下がる』と勘違いをしている事が分かりました。

本当は、記事の更新をやめたからアクセスが下がる、ではなく、そもそも、記事の更新は一時的にアクセスをあげる効果しかない。記事の更新をやめると、本来の検索順位に戻る、その結果、アクセス数も本来の数に戻る、という事です。

アクセスを右肩上がりに上げ続ける為に僕たちが1番やらなくてはいけない事は、『検索順位が下がらない記事を書く』という事です。

そして、検索順位が下がらない記事というのは、『他のライバルブログが解決しきれていない、検索ユーザーの疑問、悩みを解決した記事』です。

ここからは、『他のライバルブログが解決しきれていない、検索ユーザーの疑問、悩みを解決した記事』を書く手順について解説します。

他のライバルブログが解決しきれていない検索ユーザーの疑問、悩みを解決した記事を書く手順は、2ステップからなります。

ステップ1:検索ユーザーがグーグルの検索窓に打ち込んでいるキーワードを記事タイトルに入れる

まず最初にやる事は、検索ユーザーが実際に検索しているキーワードを知る事です。

検索ユーザーが実際に検索しているキーワードを知る事で、検索ユーザーが、どういった疑問、悩みを抱えているかが分かります。

多くの方は、『自分』が疑問に思った事や、『自分』が悩んでいる事を『自分』の頭の中にあるキーワードを使って記事を書いてしまいます。

なので、いくら記事を書いてもアクセスが集まりません。

アクセスを集めるには、自分ではなく、相手が抱えている疑問、悩み、を解決する記事を、相手が使っている単語(キーワード)を使って書きます。

グーグルの検索エンジンは、記事の書き手(ブログ運営者)が記事で使っているキーワードと、検索ユーザーが検索に使っているキーワードが一致した時、その記事と、検索ユーザーを、つなぎ合わせてくれます。

検索ユーザーが実際に検索しているキーワードを知るには、グーグル、ヤフーの、サジェストキーワード、虫眼鏡キーワードを見ます。

※グーグル、ヤフーの、サジェストキーワード、虫眼鏡キーワードは、『関連キーワード』と呼ばれます。

関連キーワードについては、こちらの記事で詳しく解説しています。

関連キーワードの選び方(サジェストキーワード・虫眼鏡キーワード)

関連キーワードを見て、検索ユーザーが、どういったキーワードを使って検索しているかが分かったら、次は、それらのキーワードを使って記事を書きます。

記事を書く時は、必ず記事タイトルに、関連キーワードを入れます。

グーグルの検索エンジンは、その記事に含まれているキーワードを見て、その記事が、どういった事について書かれている記事なのかを把握しています。

そして、その時、最も重要視しているのが、記事タイトルです。

ですので、考え方としては『記事タイトルに入れたキーワードでしかアクセスは集まらない』と考えます。

いくら記事本文に関連キーワードを入れても、記事タイトルに関連キーワードを入れていなかったら、そのキーワードからはアクセスは集まりませんし、いくら記事の見出しに関連キーワードを入れても、記事タイトルに関連キーワードを入れていなかったら、やはり、そのキーワードからはアクセスは集まりません。

ステップ2:他のブログが解決している検索ユーザーの疑問、悩み、をより分かりやすくまとめ、更に、他のブログが解決しきれていない事を解決する

検索ユーザーが実際に検索しているキーワードを記事タイトルに入れられたら、その記事にアクセスが集まるようになります。

ただ、どれほどのアクセスが集まるかは分かりません。1ヶ月で10アクセスかもしれませんし、20アクセスかもしれません。

これでは、記事を書いた意味がありません。

アクセスを集める為に大切なのは、『検索順位』という事を解説しました。検索順位が上がれば、それに比例して、アクセスも伸びます。

そして、検索順位は、他のブログとの相対的な結果です。

ですので、僕たちは他のブログよりも、検索ユーザーに求められる記事を書かなくてはいけません。

検索ユーザーに求められる記事というのは、他のブログが解決しきれていない検索ユーザーの疑問、悩み、すらも解決している記事です。

もちろん、その前提条件として、他のブログが解決している検索ユーザーの疑問、悩み、も、当然のごとく僕たちの記事に書かれている、という事があります。

つまり、僕たちが書くべき記事は、『僕たちの記事を見れば、もう他のブログを見なくても良い』といった記事です。

検索ユーザーが、グーグルの検索窓にキーワードを打ち込み、ネット上にある沢山のブログを読み渡るのは、検索ユーザーが抱える疑問、悩みが解決されていないからです。

そういった、困っている人を、助けるのが僕たちの仕事です。

僕たちは、検索ユーザーの疑問、悩みを解決する為に記事を書きます。

検索ユーザーの疑問、悩みが解決される記事を書く事で、最終的にアクセスが集まるようになります。

グーグルがやりたい事を理解する

「ブログにアクセスを集めたい!」と考える人は沢山います。

そして、ブログにアクセスを集める為の方法を解説している情報もネット上に沢山あります。

ですが、そういった情報の多くは、『表面的なテクニック』『本質ではない考え方』を解説しています。

そういった情報では、「○○というテクニックがあるよ!」と解説する事はあっても、なぜ、○○をするとアクセスが集まりやすいのか?までは解説されていません。

そういった、テクニックの背景にあるはずの論理的な説明が抜けている情報がネット上に沢山ある為、「ブログにアクセスを集めたい!」と考え、その方法を検索している人。

そういった人が、混乱してしまいます。

たしかに、ブログにアクセスを集める為の表面的なテクニックは沢山あります。

ハッキリと効果がわかるテクニックもあれば、「効果があるかどうかいまいち分からない。」といったテクニックもあります。

ですが、そういった表面的なテクニックも、突き詰めて見ていくと、1つの考え方(本質)に収束します。

より確実に、より長く、怪しいテクニックを使わずに、ブログにアクセスを集めたいのであれば、そういった表面的なテクニックには惑わされずに、本質を理解する事が大切です。

本質というのは、『グーグルがやりたい事を理解する』という事です。

「グーグルがやりたい事って何だろうか?」「グーグルは、どういった検索エンジンを目指しているのだろうか?」

と考える事で、僕たちがブログにアクセスを集める為にやるべき事が見えてきます。

僕は、社会は常に健全な方向へ向かっている、と考えています。

健全な方向、というのは、より多くの方が幸せになれる社会です。

ネットビジネスやアフィリエイトに限らずどんな仕事でも、より多くの方に喜んで貰える仕事をすると、社会にとっても、自分にとってもメリットがある、と考えています。

おそらくグーグルも、多くの人に喜ばれる会社でありたい、と考えているはずです。

そう考えると、グーグルが提供しているサービスである『検索エンジン』。

この検索エンジンも、多くの人に喜ばれる検索エンジンになっていくはずです。

事実、グーグルは、検索ユーザーに価値を提供しているブログを検索結果の上位、つまり検索ユーザーの目につきやすい位置にもってくる為に、これまで検索エンジンを何度もアップデートしてきました。

パンダアップデート、ペンギンアップデート、・・・色々ありますが、こういったアップデートは、検索ユーザーに価値を提供しているブログを、検索ユーザーの目につきやすい位置にもってくる為に行われたものです。

パンダアップデート、ペンギンアップデートについては、こちらの記事で詳しく解説しています。

パンダアップデートとペンギンアップデートそれぞれの内容と対策について

僕たちが、自分のブログにアクセスを集める為にやるべき事は、表面的なテクニックを覚える事ではなく、検索ユーザーに求められる記事をネット上に投稿する事です。

僕は、検索ユーザーに求められる記事を、『検索ユーザーが抱える疑問、悩みを解決する記事』として解説しています。

僕は、これまで沢山の記事を書いてきました。

記事を書く時は必ず「他のどのブログよりも、検索ユーザーが抱える疑問、悩みを解決する」と決めています。

このブログ、ネトレピにしてもそうです。ネトレピのアクセスはずっと伸び続けています。おそらくこれからも伸び続けます。

なので、あなたが、真剣に「自分のブログにアクセスを集めたい」と思っているのであれば、これから記事を書く時に「他のどのブログよりも、検索ユーザーが抱える疑問、悩みを解決する」と心に決めるのが良いです。

「ブログは、記事を書き続けないとアクセスが下がってしまうのでしょうか?」

といった質問を頂きますが、アクセスが下がるのは、記事の更新を怠けたからではなく、そもそも、これまで更新してきた記事が検索ユーザーに求められていないからです。

グーグルは、検索ユーザーが必要としている記事を検索結果の上位に表示させる為に、莫大なお金を使って、何年もの間、検索エンジンをアップデートしてきました。

僕たちは、グーグルを困らせるような変なテクニックを使ったり、中身の無い記事を書いて検索ユーザーの時間を奪うような事はせずに、『検索ユーザーに求められる記事を書く』これだけを考えて記事を書きます。絶対にアクセスは集まります。

次ページ

12次

今回の記事はお役にたてましたでしょうか?

もし、今回の記事を読んで感想や分からない事などありましたら、下のフォームよりお伝え下さい。

些細な事でも構いません。

おそらく、あなたが抱いた疑問は、これからこの記事を読む方も抱く疑問です。

そういった疑問を1つ1つ解決していきます。

コメントして頂ければ気づき次第、すぐに回答いたします。



総合案内

著者情報
著者情報
年収1000万円まで守る2つの事
年収1000万円まで守る2つの事
読者さまの声
読者さまの声
もくじ
もくじ
超初心者講座
超初心者講座
ブログ基礎講座
ブログ基礎講座
トレンドブログ講座
トレンドブログ講座
パワーブログ講座
パワーブログ講座
マインドセット
マインドセット
コピーライティング
コピーライティング
ブログアフィリエイト
ブログアフィリエイト
トレンドアフィリエイト
トレンドアフィリエイト
ネットビジネス
ネットビジネス
SEO
SEO
コラム
Googleアドセンス
Googleアドセンス
与える事に徹する
与える事に徹する
先生の選び方
先生の選び方
Googleアドセンスの始め方
Googleアドセンスの始め方
賢威カスタマイズ
賢威カスタマイズ
このブログについて
このブログについて
女性のブログアフィリエイト
女性のブログアフィリエイト
そもそものステップが違う
そもそものステップが違う
中高年の方はシンプルな方法がお勧め
中高年の方はシンプルな方法がお勧め

このページの先頭へ