【ネットビジネス|アフィリエイト】ブログやメルマガの記事が書けない心理的なブロックを乗り越える考え方


ブログやメルマガの記事を書く時。特に最初の頃は、

「人様に、あさはかな知識で書いた私の記事を読んで貰って良いのだろうか?」

と、不安を感じてしまう事があります。

ブログにしろ、メルマガにしろ、僕たちが記事を書き、それをネット上に公開したら、誰かしら読んでくれます。

そして、僕たちに対して何かしらの「感想」もしくは「感情」を抱きます。

僕たちが書いた記事の内容によっては、

「あ〜。この記事、読みやすくて、分かりやすくて、本当に為になった。ありがとう。」

と感じて貰える事もあれば、逆に、

「ん〜。この記事を書いている人は何も分かってないな。素人だ。他の人の記事を真似しているだけじゃん。」

と思われる事もあります。

情報ビジネスで売買される商品は『情報』

僕たちは、情報ビジネス(アフィリエイトも含む)をやっています。

情報ビジネスで売買される商品は、『情報』です。

僕たちは、お客さんが価値を感じる情報を発信(提供)します。

情報を発信する事で、僕たちの周りにお客さんが集まってきます。

そして、集まったお客さんのうち、一部の人が僕たちの商品(情報)を購入してくれます。

つまり、集客(お客さんを集める)の段階でも、商品提供の時も、僕たちが発信(提供)している情報によって、上手くいくかどうかが決まります。

最新のマーケティング手法を学んだとしても、超スーパーカリスマコンサルタントにビジネスを学んでいたとしても、僕たちが発信している情報に、お客さんが価値を感じなければ、情報ビジネスは上手くいきません。

この事は、あなた自身も気づいています。

「この人のブログは内容が無いな…」

「この人のメルマガは売り込みばかりで、私の役にはたたないと思う。多分これからも。」

あなたは、これまで沢山の人のメルマガやブログを読んで、色んな感想を抱いてきました。

だからこそ、自分がブログやメルマガを書く立場になった時は、自分の話(記事)を聞いてくれる人には、喜んで貰いたい。嫌な思いをさせたくない。自分を嫌いにならないで欲しい。

と考えます。

このように考えるのは普通の事で、あたりまえの事です。

僕自身もそうですが、やっぱり僕の話を聞いてくれる人には好かれたいし、嫌われたくないです。

最初から相手に価値を感じて貰える記事は書けない

僕はこれまで、ブログやメルマガを沢山書いてきました。

僕の記事を読んだ方から、お礼のメッセージが届く事が増えました。

ただ、最初から良い反応が返ってきた訳ではありませんでした。

ブログを始めた時も、メルマガを始めた時も、最初から良い反応が返ってきた訳ではなく「記事は読んで貰えているみたい。でも、特に相手からメッセージが届く訳でもない。」といった感じでした。

当時は、むしろそれが普通の事だと思っていました。

なので、特に気にする事もなく、記事を書き続けていました。

たまに、昔の自分が書いた記事を読む事があります。

とても雑で、とても自己満足で、とても読みづらいです。

ただ、そういった『雑な記事』を書き続けるのも、大切な経験だと思っています。

最初から、相手に価値を感じて貰える記事は書けないです。

おそらくそれは僕だけでなく、みんなそうだと思います。

だからこそ、今、情報ビジネスを頑張っているあなたにも、たとえ文章が下手でも、雑でも、自己満足でも、記事を書く事を継続して貰いたいです。

自分の記事を読んでくれた方から、

「ん〜。この記事を書いている人は何も分かってないな。素人だ。他の人の記事を真似しているだけじゃん。」

と思われるのは恥ずかしいです。相手に迷惑をかけた気持ちになります。

ただ、「この記事を通して何か1つでも相手に気づきを与えられれば」と考えて記事を書けば、あなたは伸びます。

将来的に、すごく良い記事が書けますし、あなたの記事を読んでくれた方から「ありがとうございます」とメッセージが届くようになります。

それくらい、『苦労して身につけた文章スキル』にはパワーがあります。

商品を買うかどうかを決めるのは相手であって自分ではない

情報ビジネスをやっている人は、趣味としてではなく、お金を得る為にやっています。

「情報ビジネスでお金を稼ぎたい」と思っています。

そして、その為に、これまで沢山のお金を知識に投資してきました。

お金だけではありません。家族との時間、自分の時間もそうです。

人によっては、会社を辞め、人生をかけて情報ビジネスを始めた人もいます。

収入が無く精神的に辛い日々を送ったと思います。

僕たちは、これまで、沢山のお金と時間、更に言えば人生そのものを投資してきました。

なので結果を出したいです。

結果が出ないと強い不安を感じるようになるので「どうしても結果を出さなければ。お金を稼がなければ。」と考えます。

ただ、僕たちの商品を購入するかどうか。その決定権は、お客さんにあります。僕たちに決定権はありません。

僕たちが、「絶対に商品を売ってみせる」と意気込んで文章を書いても、商品を購入するかどうかを決めるのは相手なので、意気込む必要が無いです。

この事が分かると、商品を販売するのがラクになります。

過去に1度でも、ブログやメルマガの記事で『セールス』をした事がある場合は分かると思います。

セールスをするのはとても恐いです。

「もし、商品が売れなかったらどうしよう…」

「嫌われたらどうしよう…」

「もう少し教育してから販売したほうが良いのではないだろうか…」

いろいろ考えると思います。

ただ、先に解説した通り、

僕たちの商品を購入するかどうか。その決定権は、お客さんにある。僕たちに決定権は無い。

この事が分かると、無駄に恐怖を感じる事がなくなります。

例えば、僕たちが商品を販売して、その結果、商品が1つも売れなかった場合。

それはつまり、お客さんが『購入ボタン』を押さなかったという事です。

ただ、お客さんが『購入ボタン』を押さなかった原因の全てが僕たちにある訳ではありません。

お客さんが、まだ何の知識も無く、僕たちが売っている商品が必要かどうかも分からない状態なのかもしれません。

給料日前で、自由に使えるお金が無いだけかもしれません。

理由は様々です。そして、その全ては、僕たちの文章力で何とかなるものではありません。

また、「セールスをすると相手に嫌われる」と考えてしまい、セールスの文章が書けない場合もあります。

先に言うと、「セールスをすると相手に嫌われる」は事実で、僕たちのお客さんの殆どはセールスを嫌がります。

特に、『情報』というカタチの無い商品は、人によって『感じる価値』が大きく異なります。

人によっては、「え?なんでお前の話(情報)を聞くのに金を払わなければいけないの?結局、金なのですね。あなたの事が嫌いになりました。」と考える人もいます。

それはしょうが無い事です。

ただ、中には、僕たちの商品を求めている人がいます。

僕たち自身に価値を感じてくれ、僕たちの話、1つ1つが暗闇を照らす光になっている人がいます。

100人中、1人かもしれません。セールスをする事で、99人の人に嫌われるかもしれません。

それでも、最後の1人の為にセールスをして、その人を全力で引き上げる。

こういった気持ちで文章を書けば、セールスするのも恐くなくなります。

セールス=アドバイスする事

それでも、「セールスするのが恐い」と感じてしまう場合。

おそらくそれは『セールス=売込み』だと考えているからだと思います。

でも、本当は、セールスとは『売込み』ではなく『アドバイス』する事です。

売込みは、売り込まれるほうも嫌ですし、売り込むほうも嫌です。

セールス=アドバイスする事

と、考え方を変えるだけでも、セールスする文章内容が変わってきます。

「商品は売れても売れなくても良い。ただ、俺の商品が本当に必要な人には、その事に気づいて貰いたい。」

と考えながらセールス文章が書けるようになります。

僕自身、これまで沢山の方にセールスをしてきました。

中には、商品を購入する前に、その商品の中身を聞いてこられる方がいます。

情報が商品の場合、商品の中身を全て話せば売物にならなくなります。

ですので、全てを話す事はできませんが、それでも、相手の今の状況を聞き、自分の商品がどう役に立つのか。

その事を具体的に解説していました。

セールス=売込み

と考えていた頃は、「なにを言えば買って貰えるのだろう?」と考えていたので、不自然な言葉選びをしていました。

ただ、「セールスは、アドバイスする事。だから、別に買われても買われなくても良い」と考えるようになった時から、セールスが凄くラクになりました。

気持ちの面で凄くラクになったのです。

その上、「セールス=アドバイス」と考えるようになってから、商品を買って貰える機会が格段に増えました。

なので、もし、あなたが「セールス=売込み」だと考えている場合は、「セールス=アドバイスする事」に変えてみて下さい。

セールスする事に恐怖を感じなくなります。気持ちがラクになります。売上も上がります。

『教育』するのには時間がかかる

情報ビジネスや、コピーライティングを勉強していると、『教育』という言葉を耳にします。

「ステップ1は、お客さんを集める。ステップ2は、お客さんを教育する。ステップ3は、お客さんに商品を売る。この3ステップをやらないと商品は売れないよ!」

といった説明が多いです。

こういった説明を聞くと「どうすれば、お客さんを教育して、商品を欲しがらせれるのか?」と考えるようになります。

たしかに、教育は大切です。ただ、実際に教育が上手く出来ている人は殆どいないです。

教育=教える事

だと考えているからです。でも本当は、

教育=気づかせる事

です。

教育は、後から新しい概念を教える事ではなく、既に相手の中にある概念(過去の経験など)を引き出す事です。

『教育(気づかせる事)』に関しては、深いテーマなので、また別の記事で解説しますが、『教育』というのは、そう簡単に出来る事ではないです。

おそらく、あなたも、これまで沢山の人のブログやメルマガを読んできて「ん?なんかこの人の文章、違和感を感じる。どこかは分からないけど不自然。」と感じた事があると思います。

それは、相手が、あなたの事を強引に教育しようと(全く新しい概念を教えようと)して書いた文章だからです。

人は、そういった部分に敏感です。

『教育』というのは、とても繊細で、沢山の配慮が求められます。

なので、ブログやメルマガを書き始めたばかりの事に「うまく教育しないと…」と考えてしまうと記事が書けなくなります。

繰り返しになってしまいますが、人はそう簡単に教育されないです。

ブログやメルマガを書き始めた最初は、教育とか考えずに、相手に価値を感じて貰える文章を書く。という事だけを意識するのが良いです。

それに、ネット上には教育なんかせずとも『僕たちの商品が必要で、その事に本人自身も気づいている』といった人がいます。

教育するよりも、既に僕たちの商品を求めている人を集客したほうが楽です。

全員に好かれる必要はない

やっぱり僕も、最初はブログやメルマガを書くのに凄く時間がかかりましたし、文章が上手くまとまらず、文章を書くのが辛い事もありました。

ただ、自分以外の沢山の人の文章を読む事で、たとえそれが本質の部分では同じ内容だったとしても、書き手が違うだけで受け入れやすくなったり、逆に拒絶したり。

なにか、自分の心を掴む文章。そして、そういった文章を書ける人に強い憧れを抱くようになりました。

情報ビジネスに限った話ではないと思います。どんな商売をするにしても、文章や言葉を通して、相手に何かを伝える力はとても大切です。

ブログやメルマガを書く。その最終的な目的は「お金を稼ぎたい。」かもしれません。

ですが、その手前には、必ず、文章を通して自分が考えている事を相手に正しく伝える。

相手から共感される。

相手に好かれる。

こういったステップがあります。

僕たちが、お金を得られるのは、誰かが僕たちに、お金を払っているからです。

人間は、嫌いな人の商品は買わないです。

他者に共感して貰える文章。他者に好かれる文章を書いて下さい。

全員に好かれるのは無理ですが、100人中、1人でも、あなたの文章を真剣に読んでくれる。

そういった人がいれば、あなたは情報ビジネスで上手くいきます。

次ページ

12次

今回の記事はお役にたてましたでしょうか?

もし、今回の記事を読んで感想や分からない事などありましたら、下のフォームよりお伝え下さい。

些細な事でも構いません。

おそらく、あなたが抱いた疑問は、これからこの記事を読む方も抱く疑問です。

そういった疑問を1つ1つ解決していきます。

コメントして頂ければ気づき次第、すぐに回答いたします。



総合案内

著者情報
著者情報
年収1000万円まで守る2つの事
年収1000万円まで守る2つの事
読者さまの声
読者さまの声
もくじ
もくじ
超初心者講座
超初心者講座
ブログ基礎講座
ブログ基礎講座
トレンドブログ講座
トレンドブログ講座
パワーブログ講座
パワーブログ講座
マインドセット
マインドセット
コピーライティング
コピーライティング
ブログアフィリエイト
ブログアフィリエイト
トレンドアフィリエイト
トレンドアフィリエイト
ネットビジネス
ネットビジネス
SEO
SEO
コラム
Googleアドセンス
Googleアドセンス
与える事に徹する
与える事に徹する
先生の選び方
先生の選び方
Googleアドセンスの始め方
Googleアドセンスの始め方
賢威カスタマイズ
賢威カスタマイズ
このブログについて
このブログについて
女性のブログアフィリエイト
女性のブログアフィリエイト
そもそものステップが違う
そもそものステップが違う
中高年の方はシンプルな方法がお勧め
中高年の方はシンプルな方法がお勧め

このページの先頭へ