ブログアフィリエイトにおけるブログタイトルのつけ方について。魅力的なタイトルにSEO効果はあるのか。


僕たちは、ブログのタイトルをつける時、できるだけ魅力的なブログタイトルにしたいと悩んでしまいます。

例えば、『コーヒー』をテーマにしたブログの場合。

例1)私がコーヒーを17歳の時から每日3杯ずつ飲み続ける理由を綴ったブログ

例2)大人になった今だからこそ楽しめるコーヒーの徹底ガイド!究極の1杯はココにある

例3)読むだけで劇的にコーヒーが好きになれるカフェブログ

etc…

と、ブログタイトルを色々考えると思います。

ただ、あれこれ悩んでいくつかのブログタイトルを考えたけど、

「これで本当に大丈夫なのか?」

「これでブログを見てもらえるだろうか?」

「もっと魅力的なタイトルにしないと駄目?」

と不安になって、ブログタイトルが中々決まらないことがあります。

この記事では、そんな時に再度確認するブログタイトルのつけ方について解説します。

魅力的なブログタイトルを意識しずぎない

ブログタイトルを付ける時に意識するのは、

・『検索結果の上位(トップページ)を狙いたいキーワード』をブログタイトルに入れる

・ブログの愛称(造語)を決めて、その愛称をブログタイトルに入れる

この2点だけです。

ネット検索をすると、「ブログタイトルは魅力的であるべき」と言う人がいます。

ただ、実際は『魅力的なブログタイトル』は、あまり意識しなくても大丈夫です。

理由は、『魅力的なブログタイトル』が、ブログにアクセスが集まる直接の要因にはならないからです。

なぜ、魅力的なブログタイトルが、ブログにアクセスが集まる直接の要因にならないのか?

このことを理解するには、まず最初に、検索ユーザーが僕たちのブログに訪れるまでの『動き』を理解します。

具体的には、以下の3ステップで、検索ユーザーは僕たちのブログに訪れます。

ステップ1:パソコンの電源を入れて、ブラウザを立ち上げ、ブラウザの検索窓に検索キーワードを打ち込む

ステップ2:検索結果に表示された複数のブログ記事から、1つ、気になったブログ記事を選び、そのブログ記事のURLをクリックする

ステップ3:検索ユーザーが、僕たちのブログ記事に訪れる

つまり、検索ユーザーが僕たちのブログに訪れるには、ステップ2で、検索結果の中から僕たちのブログ記事を選んでもらう必要があります。

この時、検索結果に表示されるのは、ブログタイトルでは無く『記事タイトル』です。

(※昔は、検索結果にブログタイトルが表示されることが多かったです。ただ、今は、より検索ユーザーの利便性を向上する為、検索エンジンは個々の記事タイトルを優先的に検索結果に表示させています。)

下記画像は、「肩こり 解消」を検索した時の検索結果ですが、赤枠で囲った部分は、全て記事タイトルが表示されていることが分かります。

検索結果(肩こり 解消)

このように検索ユーザーが、僕たちのブログに訪れる時、検索結果に表示されるブログタイトルを見ているのでは無く、検索結果に表示される記事タイトルを見て、僕たちのブログに訪れます。

なので、ブログのアクセスを増やす。という面では、『魅力的なブログタイトル』は、あまり効果を発揮しません。

それよりも、

・『検索結果の上位(トップページ)を狙いたいキーワード』をブログタイトルに入れる

・ブログの愛称(造語)を決めて、その愛称をブログタイトルに入れる

この2つを意識する事の方が大事です。

「では、なぜこの2つが大事なのか?」

それぞれについて、具体的に解説していきます。

なぜ、ブログタイトルに『検索結果の上位(トップページ)を狙いたいキーワード』を入れるのか?

先に解説したように、検索結果に表示されるのは、ブログタイトルでは無く、記事タイトルです。

検索結果にブログタイトルが表示されないなら、なぜブログタイトルに、『検索結果の上位(トップページ)を狙いたいキーワード』を入れるのか?

このことを理解するには、検索エンジンがどのように『検索結果の順位』を決めているのかを理解します。

検索エンジンは、以下の3ステップで、検索結果に表示させる順位を決めています。

ステップ1:クローリング…クローラーと呼ばれるロボットを使ってブログ内の情報を読み取る。

ステップ2:インデックス…読み取った情報をグーグルのデータベースに登録する。

ステップ3:ランキング…検索結果に表示させる順位を決める。

参考記事:グーグルの検索エンジンの仕組みについて

ステップ1で、検索エンジンのロボットが僕たちのブログ記事をクローリングする時、下記画像のようにHTMLなどのブログラミング言語を読み取ります。

ソースコード

 

そして、読み取ったソースコードの中で、

・ブログタイトル:<title>~</title>の部分

・見出し:<h>~</h>の部分

などに含まれるキーワードをランキング(検索結果の順位を決める)時に、検索エンジンは重要視しています。

具体的には、以下の順番で、検索エンジンはその記事の中で使用しているタグを重要視します。

title>h1>h2>h3>h4>h5

例えば、僕がネトレピで使用しているブログのテンプレートであれば、以下の画像のように、ネトレピの全記事で<title>タグの中に、記事タイトルと一緒にブログタイトルが自動で入るようになっています。

ソースコード タイトルタグ

 

全記事の<title>タグの中に、ブログタイトルが自動で入る。という事は、検索エンジンのクローラーが、ネトレピのどの記事をクローリングしても、必ずブログタイトルに含まれているキーワードを読み取る。という事です。

その分、ブログタイトルで使用したキーワードを、検索エンジンに強くアピールする事になります。

※テンプレートの仕様によっては、titleタグの中に、ブログタイトルが自動で入らないものもあります。

もちろん、検索エンジンは、下記画像のようにhタグの中に含まれるキーワードも重要視しています。

ソースコード hタグ

考え方としては、『僕たちが、titleタグ、hタグに入れなかったキーワードからは、アクセスは来ない』と考えます。

理由は、ブログタイトル(titleタグ)や見出し(hタグ)などにキーワードが入っていないと、検索エンジンは、その記事が、どういったキーワードで上位表示させれば良いか迷ってしまうからです。

僕たちは、このことを理解していますので、検索エンジンに正しくブログを評価してもらう為に、ブログタイトル(titleタグ)。そして、見出し(hタグ)に「検索結果の上位(トップページ)を狙いたいキーワード」を入れます。

ブログタイトルに含めるキーワードの選定

ここまでで、ブログタイトルを付ける時に、『検索結果の上位(トップページ)を狙いたキーワードを入れる」』ことが大事。という事を理解することができました。

では、ここからは、『ブログタイトルに入れるキーワードを、どのように選べば良いのか?』について解説します。

ブログタイトルに含めるキーワードは、以下のステップで選んでいきます。

ステップ1:ブログテーマにマッチしたキーワードをいくつかピックアップする。

ステップ2:関連キーワードの広がりを確認する

それぞれについて解説します。

ステップ1:ブログテーマにマッチしたキーワードをいくつかピックアップする

まず、最初にブログテーマにマッチしたキーワードをピックアップします。

例えば、「コーヒー」をテーマにしたブログを作る場合、

コーヒー

カフェイン

焙煎

バリスタ

ブルーマウンテン

エスプレッソ

などのように、コーヒーに関連したキーワードをいくつかピックアップします。

※ここでピックアップしたキーワードを『メインキーワード』と呼びます。

ステップ2:関連キーワードの広がりを確認する

ブログテーマにマッチしたキーワード(メインキーワード)をピックアップする事ができたら、次は、関連キーワードの広がりを確認します。

関連キーワードは、

ピックアップしたキーワード(メインキーワード)を検索窓に打ち込み、検索した時の検索結果画面の下の方に表示されるのが『虫眼鏡キーワード』

ピックアップしたキーワード(メインキーワード)を検索窓に打ち込んだ時、すぐ下に表示されるのが、『サジェストキーワード』

虫眼鏡キーワード。サジェストキーワード。両方とも『関連キーワード』と呼ばれます。

参考記事:ブログアフィリエイトにおける関連キーワードとは何なのか?

例えば、

『バリスタ』のサジェストキーワードであれば、下記画像の赤枠部分に表示される関連キーワードです。

バリスタ サジェストキーワード

 

『バリスタ』の虫眼鏡キーワードは、下記画像の赤枠部分に表示される関連キーワードです。

バリスタ 虫眼鏡

ここに表示される関連キーワード(サジェストキーワードや虫眼鏡キーワード)は、過去に多くの人が、メインキーワードとあわせて検索したキーワードです。

そして、沢山の関連キーワードが表示されるということは、多くの人が『バリスタ』に興味関心を持っているということは分かります。

このように、ブログタイトルに含めるキーワードをピックアップしたら、次に、この関連キーワードの広がりを確認します。

沢山の関連キーワードが表示されるほど、関連キーワードの広がりが大きく、多くの人が興味関心のあるキーワードであることが分かります。

そして、そのキーワードをブログタイトルに含めることで、僕たちがどういったテーマでブログを作っているのかを、検索エンジンにアピールすることができます。

覚えてもらいやすいブログの愛称を付ける

ここまでで、ブログタイトルに含めるキーワードの選定について解説しました。

ここまで解説した手順で選んだキーワードでブログタイトルを構成することで、検索エンジンに正しく評価してもらうブログタイトルになります。

ブログタイトルを決める時、あなたに、もう1つやって頂きたいのが、ブログの愛称を決めて、それをブログタイトルに入れる、という事です。

ブログの愛称というのは、僕のブログであれば『ネトレピ』の部分です。

こういったシンプルな愛称があると、検索ユーザーは愛称で僕たちのブログを覚えてくれるようになります。

僕たちのブログ愛称を覚えてくれた検索ユーザーは、次回からは、ブログ愛称を検索窓に打ち込んで僕たちのブログを検索するようになります。

「いやいや、気に入ったブログがあれば、ブックマーク(お気に入り登録)をするから、わざわざブログの愛称で検索しないでしょ?」

と、多くの人は思っています。

ですが実際は、「ブックマークの管理が面倒」といった理由で、ブログがブックマークされる事はあまりありません。

また、ブックマークしているのにも関わらず、ブックマークした事自体を忘れてしまうこともあります。

いずれにしても、シンプルなブログの愛称があることで、

・ブックマークの管理が面倒

・ブックマークした事を忘れてしまう

といった場合でも、1度でも、僕たちのブログに訪れてくれた方に、僕たちのブログの愛称を覚えて貰えれば、次回からは、僕たちのブログの愛称を検索窓に打ち込んで、再訪問して貰えやすくなります。

ブログ愛称を付ける時は、

・シンプルで覚えやすい

・キーワード入力がしやすい

・他の人がまだ使っていない造語

この3点を意識します。

それぞれについて解説します。

シンプルで覚えやすい

長過ぎるブログ愛称は覚えにくいので、シンプルで覚えやすいブログの愛称を付けます。

例えば、

「每日がハッピーで、ウキウキしていて、きらきらした生活」というコンセプトでブログを作る場合、

・ハッピーウキウキきらきらブログ

・ハピキラ

どちらのブログ愛称が覚えやすいでしょうか?

僕は『ハピキラ』の方が覚えやすいです。

おそらくこの記事を読んでいるあなたも『パピキラ』の方が覚えやすいです。

このように長過ぎるブログの愛称は、覚えてもらいにくいので、あまり意味がないです。

なので、ブログ愛称を付ける時は、シンプルで覚えやすいものを意識します。

キーワードが入力しやすい

ただ、シンプルで覚えやすくても、検索する時に入力が面倒だと、ブログの愛称で検索されないです。

例えば、

・ハピラメ

・羽秘羅芽

・HaPiRaMe

この3つであれば、『ハピラメ』が一番文字の変換が少なく、入力が楽です。

このように、シンプルで覚えやすくても、検索する時の入力が面倒だと、愛称で検索されないので、検索する時の入力が楽な愛称を意識します。

他の人がまだ使っている造語

最後に、下記画像のように、実際にキーワード検索をして、同じ造語を使用ている人がいないかを確認します。

ハピラメ 検索結果

同じ造語をすでに他のブログが使っていた場合、僕たちはそのブログと競合することになります。

そのブログに検索結果の上位(トップページ)を独占された場合、僕たちのブログは2ページ目に表示されることになります。

これでは、せっかくブログの愛称をつけても、検索ユーザーが僕たちのブログを見つけれない可能性があります。

なので、ブログの愛称をつける時は、他のブログが使っていない造語を使用します。

ブログの愛称を覚えて貰う為に、ヘッダー画像を有効活用する

ブログの愛称を覚えて貰う為に、もう一つ効果的な方法が、「ヘッダーが画像にブログの愛称を入れる」です。

というのも、多くの人は、ブログタイトル(titleタグに入れるブログタイトル)とヘッダー画像に表示させるブログタイトルを、同じものにしています。

ただ、先に解説した通り、ブログタイトル(titleタグに入れるブログタイトル)を作る時、

・検索結果の上位(トップページ)を狙いたいキーワードをブログタイトルに入れる

・ブログの愛称(造語)を決めて、その愛称をブログタイトルに入れる

この2点を意識して、ブログタイトル(titleタグに入れるブログタイトル)を作ります。

つまり、ブログタイトル(titleタグに入れるブログタイトル)には、『検索結果の上位(トップページ)を狙いたいキーワード』と『ブログの愛称』が混同することになります。

これでは、ブログタイトル(titleタグに入れるブログタイトル)が長くなりますので、検索ユーザーはパッと見、どれがブログタイトルで、どれがブログの愛称なのか分かりません。

なので、ブログの愛称だけを、覚えて貰えるようにヘッダー画像を活用します。

例えば、僕のネトレピのブログタイトル(titleタグに入れているブログタイトル)では、以下のようにキーワードを含めています。

ネトレピのタイトル

 

つまり、ネトレピの本当のブログタイトル(titleタグに入れているブログタイトル)は

「【ネトレピ】トレンドアフィリエイトなどのブログアフィリエイトを中心にネットビジネスを解説」

になります。

けど、ネトレピのヘッダー画像は、以下のように表示しています。

ネトレピ ヘッダー画像

多くの人は、このヘッダー画像を見ていますので、「ネトレピ(ブログの愛称)=ネトレピのブログタイトル」と思っています。

しかし、ネトレピの、本当のブログタイトル(titleタグに入れているブログタイトル)では、上記画像のtitleタグの中にあるように、「検索結果の上位(トップページ)を狙いたいキーワード」をブログタイトルの中に含めています。

このように、ブログの愛称を覚えて貰えるように、ヘッダー画像とtitleタグを使い分けることで、ブログの愛称が覚えてもらいやすくなります。

まとめ

ブログタイトルを付ける時、多くの人は、

「もっと魅力的なブログタイトルにしなければいけないじゃないんだろうか?」

という具合に、魅力的なブログタイトルをつけようして、あれこれ考えます。

けど、実は魅力的なブログタイトルは、そこまで必要ないです。

それより、

・検索結果の上位(トップページ)を狙いたいキーワードをブログタイトルに入れる

・ブログの愛称(造語)を決めて、その愛称をブログタイトルに入れる

この2点を意識する方が、僕たちがブログアフィリエイトで結果を出すのに大切です。

いくら魅力的なブログタイトルであっても、検索結果の上位(トップページ)に表示されなければ、意味がありません。

いくら魅力的なブログタイトルであっても、検索ユーザーに覚えてもらえなければ、意味がありません。

なので、魅力的なブログタイトルを意識するより、今回の記事で紹介した、

・検索結果の上位(トップページ)を狙いたいキーワードをブログタイトルに入れる

・ブログの愛称(造語)を決めて、その愛称をブログタイトルに入れる

この2点を意識して頂ければと思います。

次ページ

12次

今回の記事はお役にたてましたでしょうか?

もし、今回の記事を読んで感想や分からない事などありましたら、下のフォームよりお伝え下さい。

些細な事でも構いません。

おそらく、あなたが抱いた疑問は、これからこの記事を読む方も抱く疑問です。

そういった疑問を1つ1つ解決していきます。

コメントして頂ければ気づき次第、すぐに回答いたします。



総合案内

著者情報
著者情報
年収1000万円まで守る2つの事
年収1000万円まで守る2つの事
読者さまの声
読者さまの声
もくじ
もくじ
超初心者講座
超初心者講座
ブログ基礎講座
ブログ基礎講座
トレンドブログ講座
トレンドブログ講座
パワーブログ講座
パワーブログ講座
マインドセット
マインドセット
コピーライティング
コピーライティング
ブログアフィリエイト
ブログアフィリエイト
トレンドアフィリエイト
トレンドアフィリエイト
ネットビジネス
ネットビジネス
SEO
SEO
コラム
Googleアドセンス
Googleアドセンス
与える事に徹する
与える事に徹する
先生の選び方
先生の選び方
Googleアドセンスの始め方
Googleアドセンスの始め方
賢威カスタマイズ
賢威カスタマイズ
このブログについて
このブログについて
女性のブログアフィリエイト
女性のブログアフィリエイト
そもそものステップが違う
そもそものステップが違う
中高年の方はシンプルな方法がお勧め
中高年の方はシンプルな方法がお勧め

このページの先頭へ