【ブログアフィリエイト】無料ブログから独自ドメインのブログへ引越し(移行)する手順


無料ブログで、ある程度の期間ブログを運営していると、ブログを継続して読んでくれる読者の方が増えてきます。

そういった読者の方が増えてくると、ブログを運営する事に自信がついてきます。

そして、本格的にブログ運営をする為に、独自ドメインのブログ(ワードプレス)でブログを運営したいと考えます。

ただ、やはり、これまでブログを読んでくれた読者の方を手放したくないです。

僕たちが新しいブログを作ったら、これまでの読者の方に、その新しいブログも継続して読んで貰いたいです。

今回の記事では、どうすれば、これまで運営してきたブログ(古いブログ)の読者の方を手放す事なく、新しいブログを立ち上げる事ができるのか。

『無料ブログから独自ドメインのブログへの引越し』の流れについて解説します。

この記事で解説されている通りにブログを引越しして頂ければ、これまでのブログ(古いブログ)の読者の方を手放す事なくスムーズに新しいブログを立ち上げることができます。

ブログの引越しで『やるべき事』

まず最初に、ブログの引越しで僕たちが『やるべき事』について解説します。

ブログの引越しで僕たちがやるべき事は、以下の3つです。

1:新しいブログに、これまでのブログ(引越前のブログ)の読者を移行する

2:新しいブログに、記事データ(画像データ含む)を移行する

3:検索エンジンからペナルティを受けないよう、重複コンテンツをネット上に残さないようにする

このように、「ブログの引越し」では、記事データ以外にも、ブログ読者や、検索エンジンへの配慮も必要になります。

ここからは、これら3つの『やるべき事』をクリアする手順(ステップ)について解説します。

ここで解説する5ステップでブログを引越しして頂ければ、これまで僕たちのブログを読んでくれていたユーザーを手放す事なくスムーズにブログの引越しができます。

ブログ引越しの5ステップ

ステップ1:新しいブログを立ち上げる

ステップ2:新しいブログの記事を書く

ステップ3:古いブログのトップページや最新記事など、ブログユーザーの目につきやすい場所に、新しいブログのURLを記載する

ステップ4:古いブログの読者の方に、新しいブログの存在が十分伝わったら、少しずつ、古いブログの記事データ(画像データを含む)を削除(インデックスから外す)し、パソコン上に、それらのデータを一時的に保存する

ステップ5:古いブログの記事データ(画像データも含む)がグーグルの検索エンジンのインデックスから外れた事が確認できたら、パソコン上に一時的に保存しておいた記事データを新しいブログで公開する

※記事データがグーグルの検索エンジンのデータベースから外れているかを確認する方法については、こちらの記事を参考にして下さい→ブログ記事URLのインデックスを確認する方法とFetch as Googleでインデックスを早める方法

ステップ1〜5、それぞれの手順について詳しく解説していきます。

ステップ1:新しいブログを立ち上げる

ブログの引越しを決めた時、最初に行うのが、引越し先となる新しいブログを立ち上げることです。

なので、「ブログを引越す」と決めたら、最初に

1:サーバーの契約

2:独自ドメインの取得

3:ワードプレスをインストールする(ワードプレス以外のブログ構築ソフトでも可)

など、新しいブログを立ち上げる為の準備を進めていきます。

独自ドメインとワードプレスを使ったブログに立ち上げ方は、『ブログアフィリエイトの始め方』での記事で解説しています。

はじめて独自ドメインのブログを作られる方は、『ブログアフィリエイトの始め方』の記事を参考にして頂ければと思います。

ステップ2:新しいブログの記事を書く

新しいブログを立ち上げたら、そのままブログの運営をスタートします。

ブログの初期設定などを済ませ、新しいブログで新規記事の投稿をおこないます。

その理由は、古いブログから読者を移行する際、新しいブログにまったく記事がない状態では、新しいブログに読者が定着してくれないからです。

なので、新しいブログを立ち上げたら、これまでの読者の移行をする前に、新しいブログで新規記事を書きます。

ステップ3:古いブログのトップページや最新記事など、ブログユーザーの目につきやすい場所に、新しいブログのURLを記載する

新しいブログの立ち上げが完了し、新しいブログの記事が充実してきたら、古いブログの読者を新しいブログに移行します。

古いブログから読者を移行する時は、古いブログのトップページや最新記事など、ブログユーザーの目につきやすい場所に、

「ブログを移設しました。新しいブログのURLはこちらになります。これからも宜しくお願い致します。」

という具合に、新しいブログのURLを読者にお知らせします。

ステップ4:古いブログの読者の方に、新しいブログの存在が十分伝わったら、少しずつ、古いブログの記事データ(画像データを含む)を削除(インデックスから外す)し、パソコン上に、それらのデータを一時的に保存する

読者に新しいブログの存在が十分に伝わったら、少しずつ古いブログの記事データを削除し、パソコン上に、それらのデータを保存します。

古いブログの記事データを削除し、パソコン上に、それらのデータを一時保存する理由は、ネット上に重複コンテンツを残さない為です。

というのも、僕たちがブログの記事を削除しても、検索エンジンのデータベースには、その記事のデータが一定の期間残っています。

つまり、僕たちが削除したはずの記事データが、ネット上にまだ残っている状態です。

古いブログの記事データがグーグルのデータベースに残っている状態で、古いブログの記事データを新しいブログで公開してしまうと、検索エンジンはそれを『重複コンテンツ』と判断し、新しいブログにペナルティーを課すことがあります。

なので、古いブログの記事を削除したら、その記事をすぐに新しいブログで公開するのではなく、検索エンジンのデータベースから、古い記事のデータが完全に削除されるまで、一定期間待ちます。

その間、古いブログの記事データが無くならないよう、パソコン上に一時的に保存します。

※記事データがグーグルの検索エンジンのデータベースから外れているかを確認する方法については、こちらの記事を参考にして下さい→ブログ記事URLのインデックスを確認する方法とFetch as Googleでインデックスを早める方法

ステップ5:古いブログの記事データ(画像データも含む)がインデックスから外れた事が確認できたら、パソコン上に一時的に保存しておいた記事データを新しいブログに公開する

古いブログの記事データがインデックスから外れた事が確認できたら、パソコン上に保存しておいた記事データを新しいブログに公開します。

ネット上から、古いブログのデータが完全に削除されたかを確認するには、『site:古いブログのURL』で検索をします。

『site:古いブログのURL』を検索窓に打ち込み、検索した時に、古いブログの記事データが表示されなければ、インデックスから外れたことになります。

インデックスが外れた事が確認できたら、パソコン上に保存しておいた記事データを、新しいブログで公開していきます。

まとめ

ブログの引越しは、それまでに積み上げてきたものが多ければ多いほど、引越しの作業が大変になります。

ただ、段階を踏んで一つ一つ作業を進めていけば、そこまで難しい作業ではありません。

なので、『今まで積み上げてきたものを一回で引越す』と考えるのでは無く、読者にも、検索エンジンにも配慮ができるよう、段階を踏んで一つ一つの作業を進めていくことが大切になります。

今回の記事で解説したステップを、一つ一つ実践して頂くことで、読者の方を手放す事なくスムーズに新しいブログへの引越しができます。

今回の記事はお役にたてましたでしょうか?

もし、今回の記事を読んで感想や分からない事などありましたら、下のフォームよりお伝え下さい。

些細な事でも構いません。

おそらく、あなたが抱いた疑問は、これからこの記事を読む方も抱く疑問です。

そういった疑問を1つ1つ解決していきます。

コメントして頂ければ気づき次第、すぐに回答いたします。



総合案内

著者情報
著者情報
年収1000万円まで守る2つの事
年収1000万円まで守る2つの事
読者さまの声
読者さまの声
もくじ
もくじ
超初心者講座
超初心者講座
ブログ基礎講座
ブログ基礎講座
トレンドブログ講座
トレンドブログ講座
パワーブログ講座
パワーブログ講座
マインドセット
マインドセット
コピーライティング
コピーライティング
ブログアフィリエイト
ブログアフィリエイト
トレンドアフィリエイト
トレンドアフィリエイト
ネットビジネス
ネットビジネス
SEO
SEO
コラム
Googleアドセンス
Googleアドセンス
与える事に徹する
与える事に徹する
先生の選び方
先生の選び方
Googleアドセンスの始め方
Googleアドセンスの始め方
賢威カスタマイズ
賢威カスタマイズ
このブログについて
このブログについて
女性のブログアフィリエイト
女性のブログアフィリエイト
そもそものステップが違う
そもそものステップが違う
中高年の方はシンプルな方法がお勧め
中高年の方はシンプルな方法がお勧め

著者:ヒデアキ
現在は、ネット集客のスキルを活かして既に起業されている方やこれから起業を真剣に考えている方を全力でサポートしています。
更に詳しいプロフィールはこちら

このページの先頭へ