【ブログアフィリエイトとサイトアフィリエイトの違い】それぞれのメリット、仕組みを解説


僕もアフィリエイトを始めたばかりの頃、ブログアフィリエイトとサイトアフィリエイトの違いが分かりませんでした。

ただ、なんとなく、

ブログアフィリエイトは、日々、日記のようなものを書いてアフィリエイトする方法。

サイトアフィリエイトは、戦略的に必要最低限のページでアフィリエイトする方法。

なのかな?と思っていました。

当時、僕も色々とネット検索をしました。

そして、その時、辿り着いた答えが、ブログもサイトもSEO集客(検索結果からアクセスを集める)をする、といった部分では同じ。違うのは、その媒体の規模が違う、という事でした。

ブログの場合、その規模は100ページとか、200ページとか、300ページとか、そういった大規模なものになります。

一方、サイトの場合、サイトを作る前に、予め、どういったページが必要になるかを、ある程度、把握しておきます。

そして、ページ数が少なければサイト形式を選びます。もし、ページ数が多くなりそうであれば、ブログ形式を選びます。

ですので、当時の僕は、「100ページ以上記事を書く場合はブログにすれば良いんだ。100ページ以下に収まりそうな場合は、サイトにすれば良いんだ。」

このような覚え方をしていました。

このブログ(ネトレピ)を立ち上げた時は、とりあえず長期的に運営していきたいと考えていました。

なので、サイトではなく、ブログを選びました。

それから少しずつ僕の知識も増えていき、ブログのメリット、サイトのメリット。

ブログ、サイトの使い分け。こういったのが分かるようになりました。

今回の記事では、ブログとサイトの違い。そして、アフィリエイトで結果を出しやすいのは、どちらの媒体か。

こういったのを解説します。

ブログアフィリエイト。サイトアフィリエイト。それは、使う媒体の違い

「アフィリエイト」と一口にいっても、その手法は多岐に渡ります。

ブログアフィリエイトも、サイトアフィリエイトも、アフィリエイト手法の1つです。

アフィリエイト手法は、使う『媒体』によって分類されたり、『やり方』によって分類されたり、その『報酬源』によって分類されます。

例えば、

トレンドアフィリエイト

特化型トレンドアフィリエイト

・PPCアフィリエイト

・プロモーションアフィリエイト

・インサイダーアフィリエイト

・etc…

こういったアフィリエイト手法は、『やり方』によって分類された手法です。

また、

・物販系アフィリエイト

・情報系アフィリエイト

・アドセンスアフィリエイト

・楽天アフィリエイト

・アマゾンアフィリエイト

・オプトインアフィリエイト

・自己アフィリエイト

・etc…

こういったアフィリエイト手法は、『報酬源』によって分類された手法です。

そして、

・ブログアフィリエイト

・サイトアフィリエイト

・メルマガアフィリエイト

・ユーチューブアフィリエイト

・フェイスブックアフィリエイト

・ツイッターアフィリエイト

・アメブロアフィリエイト

・etc…

こういったアフィリエイト手法は、『媒体』によって分類された手法です。

この事が分かると、ブログアフィリエイトとサイトアフィリエイトは、『やり方』『報酬源』は基本的に同じで、唯一異なるのは、使っている『媒体』という事が分かります。

つまり、

「あ〜俺はトレンドアフィリエイトをやりたいんだけど、それって、ブログでやるべきなの?それともサイトでやるべきなの?」

と悩んでいる場合でも、『トレンドアフィリエイトはブログでしかやってはいけない』というルールはなく、べつにトレンドアフィリエイトをブログでやってもサイトでやっても、どちらでも良いのです。

同じように、

「ん〜私は楽天の商品をアフィリエイトしたいんだけど、それって、ブログアフィリエイトになるの?それともサイトアフィリエイトになるの?」

と悩んでいる場合でも『楽天の商品はブログでしか紹介しなくてはいけない』というルールはなく、べつにブログで紹介してもサイトで紹介しても、どちらでも良いのです。

ただ、『やり方』や『報酬源』によって、相性の良い媒体が存在します。

ですので、アフィリエイトに使える媒体の特徴を覚えておく事は大切です。

ここからは、ブログ、サイト、この2つを比較した時の、それぞれの媒体の特徴について解説します。

ブログの特徴。サイトの特徴。

・アクセスが下がりにくいのはサイト

・ブログは毎日記事を更新しないとアクセスが落ちる

ネット上には、こんな感じで、根拠の無い話をする人がいます。

こういった話をする人がいるので、「ブログとサイトの違いって何?」「どっちが良いの?」と疑問を感じた人は、その疑問を心から解消する事ができません。

僕がそうなのですが、根拠の無い説明をされても納得できないのです。

なのでここでは、ブログとサイト、それぞれが、どのような仕組みで僕たちのパソコンの画面に表示されるのか。

こういった、基礎の部分から解説します。

ブログの仕組み。サイトの仕組み。これが分かると、それぞれの得意・不得意(メリット・デメリット)が見えてきます。

ブログが得意とする事は何なのか?サイトが得意とする事は何なのか?

これが理解できてはじめて、アフィリエイトに使われる『やり方』や『報酬源』に合わせて、ブログとサイトを使い分ける事ができます。

ブログやサイトが僕たちのパソコン画面に表示されるまでの仕組み

ブログの場合

スクリーンショット 2016-05-19 21.02.30

上の図は、僕たちのブログが、検索ユーザーのパソコン画面に表示されるまでの流れを解説しています。

簡単に解説すると、ブログのデータは、『データベース』と呼ばれる所に保存されています。

検索ユーザーが僕たちのブログにアクセスすると、『サーバー』と呼ばれる所に保存されている『PHPプログラム』が実行され、ブログのデータをデータベースから持ってきて、検索ユーザーのパソコンに届けてくれます。そして、最終的にパソコンの画面にブログが表示されます。

たまに、『ワードプレス』という単語を聞くと思います。

ワードプレスは、ブログを作る為に必要なソフトです。いま最も人気があります。

一般的に、「有料ブログ」と言った場合、ワードプレスを使用したブログになります。

ワードプレスはPHP言語で構成されています。この図の『PHPプログラム』にあたります。

サイトの場合

スクリーンショット 2016-05-19 23.32.48

上の図は、僕たちのサイトが、検索ユーザーのパソコン画面に表示されるまでの流れを解説しています。

サイトの場合、ブログとは違いデータベースを使いません。

検索ユーザーが僕たちのサイトにアクセスすると、『サーバー』と呼ばれる所に保存されている『HTMLとCSS』などのwebページデータが検索ユーザーのパソコンに届き、最終的に、『サイト』がパソコンの画面に表示されます。

ブログとサイトの違い

ここまでで、ブログの仕組み、サイトの仕組み、が分かりました。

ここからは、ブログの仕組みと、サイトの仕組みを比較して、それぞれの媒体の得意・不得意(メリット・デメリット)について解説します。

ブログとサイトの違い1:データベースの有り無し

ブログとサイトで、決定的に違うのが、データベースを使うかどうか。という事です。

ブログの場合、1つのブログにつき、1つのデータベースを使うのに対して、サイトの場合、データベースを使わなくてもサイトを作る事ができます。

ひと昔まで、『量産型アフィリエイト』という手法がありました。

10ページ(記事)未満のサイトを、50個、100個と作る手法です。

この手法で使われていたのはサイトでした。

理由は、ブログで量産型アフィリエイトをやるとデータベースを消費するからです。

データベースは基本的にサーバー会社からレンタルします。有料です。データベースは、サーバーをレンタルすると付いてきます。

Xサーバーという会社の場合だと、月額1000円でサーバーを借りる事ができますが、サーバーを借りると50個データーベースがついてきます。

つまり、この場合だと、ブログを50個までしか作れないという事です。

このような理由から、量産型のアフィリエイトには、ブログよりもサイトが適しています。

ブログとサイトの違い2:ページの表示速度の違い

ブログとサイトを比較すると、サイトのほうがページの表示速度が若干速いです。

ブログの場合、ブログ内にある他の記事をクリックした時、注意して見ていると、次の記事に切り替わる瞬間、少し、もさっとした動きを見せます。

それに対してサイトの場合、記事が切り替わっても、さくっと次の記事が表示されます。

その差は、0.1秒とか、0.2秒とか、それくらいの差です。

ですが、『ユーザビリティ』つまり、ユーザーの使いやすさから見ると、サイトのほうが、表示速度に関して言えばユーザビリティが高い、と言えます。

また、僕たちのブログ・サイトを見るのは、人間だけではありません。

Googleの『クローラー』と呼ばれる、ネット上を巡回するロボットも見ています。

人間は、僕たちのブログの表を見ますが、クローラーは、ブログの裏。つまり、ブログを構成するデータ内容(HTMLやCSS)を見ます。

ブログに比べてサイトは、クローラーに、サイトを構成するデータ内容(HTMLやCSS)を見せるのが速いです。

クローラーは、僕たちのブログ内容を読み取り、その情報をGoogleのデータベースに運びます。

データベースに運ばれた情報を元にランキングが行われ、そのランキング結果が、僕たちが普段よく目にする検索結果に表示されます。

僕たちのブログが、Googleから高く評価されると、検索結果の上位に表示して貰えます。検索結果の上位に表示されると、アクセスが集まりやすい、というメリットがあります。

Googleは、データベースに運ばれた情報を見て、僕たちのブログを評価します。

つまり、僕たちのブログの情報が正しくデータベースに運ばれないと、ブログを正しく評価して貰えないという事です。

データベースに僕たちのブログの情報を運んでくれるのが、クローラーです。

なので、クローラーが僕たちのブログに訪れた時。

僕たちのブログがもたもたして、ブログを構成するデータ内容(HTMLやCSS)をクローラーに見せるのが遅れると、クローラーは他の人のブログに移動してしまいます。

Googleに自分のブログを正しく評価してもらう対策を『SEO対策』と言います。

人間に自分のブログを速く表示させる事もSEO対策の1つですし、クローラーに自分のブログを速く表示させる事もSEO対策の1つです。

つまり、ブログとサイトでは、気にしなくても良いくらいの微差ですが、サイトのほうがSEOに有利です。

ブログとサイトの違い3:動的なコンテンツが使えるかどうか

ネット上には、『動的なwebページ』と、『静的なwebページ』が存在します。

ブログのように、検索ユーザーがブログに訪れるたびにPHPプログラムが実行され、webページを生成・表示させるのは、動的なwebページです。

逆に、サイトのように、予め、webページがHTML・CSS・イメージファイルで作られていて、検索ユーザーがサイトに訪れた時、そのwebページを表示させるのは、静的なwebページです。

例えば、僕たちが、誰かのブログにアクセスすると、そのブログのサイドバーに『月間人気記事ランキング』が表示されている事があります。

『月間人気記事ランキング』を見ると、そのブログで、今月、最も読まれている記事のPV数(ページビュー数)が表示されています。

僕たちが、その記事をクリックすると、その場でPV数が、1PV増えます。それまで、1071PVと表示されていたのが、1072PVになったりします。

このように、動的なwebページ。つまりブログは、その時々に合わせて、ページの表示内容を変えられます。

一方、サイトのような静的なwebページは、ページを予め作り置きしているので、このような事が出来ません。

僕たちのブログをじっくり見ると、その時々に合わせて表示内容が変わる部分は沢山あります。

例えば、ツイッターやフェイスブックなどのSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)の『シェアボタン』シェアボタンが検索ユーザーによってクリックされると、それまで0シェアだった数字が、1に変わります。

例えば、ブログ記事を最後まで読むと「こちらの記事も読んでね!」といった感じで『関連記事一覧』が表示されています。やはりこれも、PHPプログラミングが、その記事と関連性の高い記事を自動で表示させているのです。

このように、ブログの場合、『人気記事ランキング』『シェアボタン』『関連記事の表示』などの動的なコンテンツを使う事ができます。

ブログとサイト、それぞれの得意・不得意(メリット・デメリット)のまとめ

1.データベースの有り無し:ブログの場合、ブログを1つ作る毎に1つのデータベースを使う。サイトはデータベースを使わない。なので、量産をしたい場合は、サイトを使う。

2.ページの表示速度の違い:ブログとサイトを比較するとサイトのほうが若干、表示速度が速い。なので、ページの表示速度に関しては、ユーザビリティ的にもSEO的にもサイトが有利。ただ、最近は、サーバーの性能が上がっているので、ページの表示速度の差は、以前と比べてかなり縮まっている。

3.動的なコンテンツが使えるかどうか:ブログの場合は『人気記事ランキング』『シェアボタン』『関連記事の表示』などの動的なコンテンツが使えるが、サイトは使えない。動的なコンテンツを上手に使う事で、ブログに訪れたユーザーを楽しませたり、ブログをより便利にする事ができる。

ブログとサイトを、どの様に使い分ければ良いのか?

ここまで様々な角度からブログとサイトを比較し、その違いについて解説してきました。

そして分かった事は、アフィリエイトをする上で考慮すべきブログとサイトの違いは、

1.データベースの有り無し

2.ページの表示速度の違い

3.動的なコンテンツが使えるかどうか

せいぜい、この3つしか無い。という事です。

実は、この3つの違いは、現在のアフィリエイト市場では、無視しても良いものです。

例えば、今さら量産型のアフィリエイトをやる人はいないと思います。

量産型のアフィリエイトは、1つ1つのサイトの内容が薄い為、検索ユーザーに価値を提供するのが難しいです。なので、作業量に見合った結果がついてきません。

つまり、『1.データベースの有り無し』に関しては、そもそもブログやサイトを量産する機会が無いので無視して良いです。

『2.ページの表示速度の違い』に関して言うと、たしかにブログと比べてサイトの表示速度は速いです。

ですが、今は数年前と比べてサーバーの性能が上がりました。

ブログに使われているワードプレス(PHPプログラム)の性能も上がりました。

なので、今は、ブログもサイトも表示速度は殆ど変わりません。なので、無視して良い話です。

『3.動的なコンテンツが使えるかどうか』に関して言うと、『人気記事ランキング』などをサイドバーに表示させたとしても、そのブログで書かれている記事がユーザーに価値を与えないものであれば、ユーザーは別のブログに逃げていきます。

このように、ブログとサイトの違いを1つ1つ見ていくと、ユーザーに価値を提供できる記事が書ければ、その違いは無視して構わない。という事に気づきます。

○○アフィリエイト手法を実践する、だからブログを使わないと・・・。

○○を報酬源にする、だからサイトを使わないと・・・。

こういった事は、考えなくて大丈夫です。

ブログでアフィリエイトをするにしても、サイトでアフィリエイトをするにしても、その媒体を通して検索ユーザーに価値を与えるものであれば、アフィリエイトで結果を出す事ができます。

僕は、新しい媒体を作る時、基本的にワードプレスを使いブログを作ります。

その理由は、2つあります。

1つ目は、使い慣れているから。

2つ目は、ブログ(ワードプレス)を取り巻く環境が進化しているから。

僕は、ブログもサイトも作った事があります。

ですが、ワードプレスブログのほうが、デザインの変更がしやすいですし、使いやすいプラグイン(ワードプレスで使えるソフト)が揃っていますし、少し、PHP、HTML、CSSの勉強をすれば、カスタマイズも自由自在にできます。こういった理由からブログを使ってきた期間が長いです。

また、ワードプレスブログを取り巻く環境は、どんどん進化しています。

例えば、サーバーレンタル会社でも、はじめてサーバーをレンタルした人でも、すぐにワードプレスが使えるよう配慮されています。

先ほど解説したようにサーバーの性能もどんどん上がっていて、ワードプレス自体もアップデートを繰り返しています。

ワードプレスのテンプレートも、次々に開発されています。

こういった事から、時代は、サイトからブログにシフトしていっているように感じます。

まとめ

かなり難しい記事になりました。

それにも関わらず、最後まで読んで頂きありがとうございます。

僕は、根拠の無い話、感覚的な話が苦手です。

アフィリエイトを始めた時、僕も沢山ネット検索をしました。

そして、1番、ネット検索に時間を使ったのが、今回のテーマである『ブログアフィリエイトとサイトアフィリエイトの違い』でした。

僕がアフィリエイトをはじめた頃は、いくらブログアフィリエイトとサイトアフィリエイトの違いを検索しても、その違いを明確に解説してくれるブログがありませんでした。

・アクセスが下がりにくいのはサイト

・ブログは毎日記事を更新しないとアクセスが落ちる

こういった説明しかされていないブログが多く、つねに「なんで、サイトはアクセスが下がりにくいの?」「なんで、ブログは毎日記事を更新しないとアクセスが落ちるの?」と考えていました。

僕は、答えが分からないまま、とりあえずブログから始める事にしました。

でも頭の片隅には、常に、

・アクセスが下がりにくいのはサイト

・ブログは毎日記事を更新しないとアクセスが落ちる

このフレーズが残っていました。

ブログ記事を書いてもアクセスが集まらない時、

「俺は、ブログをやっているからアクセスが集まらないのかな?」

「サイトだと、もっと楽にアクセスが集まるのかな?」

「毎日、記事を書いてないからアクセスが集まらないのかな?」

と不安を感じていました。

不安を感じつつも、アフィリエイトをやってきた甲斐あり、当時の自分が疑問を抱いていた、ブログとサイトの違いについても、少しずつ分かるようになりました。

この記事で解説しましたが、ブログとサイトの違いを根本的な部分から理解しようとすると、『サーバー』『データベース』『PHPプログラム』といった専門的な単語。そして、その仕組みを理解しないといけません。

僕も、これらの仕組みをすぐに理解した訳では無く、何年もかけて断片的に覚えていって、最近になってようやく1つに繋がった感じです。

ただ正直なところ、アフィリエイトで成果をあげるのに、ここまでの専門知識は必要ありません。

ただ、自分が疑問に頂いた「なんで?」を、解決する習慣を持つことは大切です。

例えば、今の僕であれば、「ブログは毎日記事を更新しないとアクセスが落ちる」と書かれているブログを見かけたら「あ、このブログ運営者の話は鵜呑みには出来ない」という事に気づけます。

ですが、アフィリエイトをはじめたばかりの初心者の方は、「ブログは毎日記事を更新しないとアクセスが落ちる」と書かれているブログを見かけたら「ブログ運営のコツは、毎日記事を書く事。理解。」となると思います。

そして、とにかく毎日記事を更新する事だけを目標に、内容の薄い記事を毎日更新すると思います。

これではブログアフィリエイトで結果を出す事は出来ないです。

ブログアフィリエイトで大切なのは、時間がかかっても良いので、検索ユーザーに価値を提供できる記事を書く事です。

ネット上には、根拠の無い情報が沢山あります。そういった情報から自分の身を守る為にも、「なんで?」と、疑問を持つ習慣。そして、その疑問を解決する習慣を持つ事は大切です。

もちろん、その時抱いた疑問を解決するには、膨大な時間がかかる事もあります。

単に知識を身につけただけでは解決できない事もあります。経験を積んでようやく分かる事も沢山あります。

僕自身も、「ブログアフィリエイトとサイトアフィリエイトの違いって何だろう?」「ブログの場合は、毎日記事を更新しないとアクセスが落ちるって本当かな?」とはじめて疑問を持った時から、それを解決するまでに約3年かかりました。

ですので、もし、どうしても解決できない事。どうしても腑に落ちない事。そういった事があった場合は、信じる事ができる人の意見を信じるのが良いです。

そういった、『信じる事のできる人』が、あなたのアフィリエイトの先生であり、師匠であり、メンターと呼ばれる存在です。

今は分からない事でも、アフィリエイトを継続していれば、分かるようになる事は沢山あります。

「あの時、先生が言っていたのは、こういう事だったのか!」と気づく瞬間が、いずれやってきます。

なので、僕たちは、ネット上の根拠の無い情報に踊らされずに、信じれる人の元で、アフィリエイトを継続します。

次ページ

12次

今回の記事はお役にたてましたでしょうか?

もし、今回の記事を読んで感想や分からない事などありましたら、下のフォームよりお伝え下さい。

些細な事でも構いません。

おそらく、あなたが抱いた疑問は、これからこの記事を読む方も抱く疑問です。

そういった疑問を1つ1つ解決していきます。

コメントして頂ければ気づき次第、すぐに回答いたします。



総合案内

著者情報
著者情報
年収1000万円まで守る2つの事
年収1000万円まで守る2つの事
読者さまの声
読者さまの声
もくじ
もくじ
超初心者講座
超初心者講座
ブログ基礎講座
ブログ基礎講座
トレンドブログ講座
トレンドブログ講座
パワーブログ講座
パワーブログ講座
マインドセット
マインドセット
コピーライティング
コピーライティング
ブログアフィリエイト
ブログアフィリエイト
トレンドアフィリエイト
トレンドアフィリエイト
ネットビジネス
ネットビジネス
SEO
SEO
コラム
Googleアドセンス
Googleアドセンス
与える事に徹する
与える事に徹する
先生の選び方
先生の選び方
Googleアドセンスの始め方
Googleアドセンスの始め方
賢威カスタマイズ
賢威カスタマイズ
このブログについて
このブログについて
女性のブログアフィリエイト
女性のブログアフィリエイト
そもそものステップが違う
そもそものステップが違う
中高年の方はシンプルな方法がお勧め
中高年の方はシンプルな方法がお勧め

著者:ヒデアキ
現在は、ネット集客のスキルを活かして既に起業されている方やこれから起業を真剣に考えている方を全力でサポートしています。
更に詳しいプロフィールはこちら

このページの先頭へ