Password Protectedプラグインでワードプレスブログ全体にパスワード認証をかける設定方法

スクリーンショット 2015-01-05 18.50.20

ワードプレスのプラグイン「Password Protected」は、ワードプレスで作成したブログの、ブログそのもののアクセスに対して、パスワード認証による制限をかけることができます。 つまり、このプラグインが設定されたワードプレスブログを閲覧するには、パスワードを入力しなければアクセスできないという・・・

【EWWW Image Optimizer】画像ファイルサイズを圧縮しワードプレスの表示速度を向上させるプラグイン

スクリーンショット 2014-12-19 10.54.11

ワードプレスでブログやサイトを更新していくと、画像を使うことがあると思います。 しかし、画像をたくさん使うと、サイトの表示速度を低下させてしまいます。 特にファイルサイズが大きい画像を使うと読み込みに時間がかかるため、表示速度が遅くなってしまいます。 表示速度の遅いサイトの何が問題かというと、あまり・・・

ワードプレスでサイトマップの編集をするPS Auto Sitemapの設定方法

スクリーンショット 2014-12-02 4.51.09

HTMLサイトマップ XMLサイトマップ 実は、サイトマップは2種類あります。 ワードプレスを立ち上げて最初にXMLサイトマップを作ったと思いますが、XMLサイトマップは、Googleにサイトをインデックスさせるのと、Googleのクローラがサイトに訪れた時の案内図としての役割があります。 XMLサ・・・

ワードプレスでページナビを表示させるプラグインWP Page Numbersの設定方法

スクリーンショット 2014-12-02 4.50.33

ワードプレスで記事を書いていくと、トップページの記事一覧の一番下に、前のページや次のページに進むためのリンクが現れます。 この「新しい記事へ」と「以前の記事へ」の部分なんですが、もっと先のページに進みたい時でも1ページずつしか進めないんですよね。 ですが、このようにして、ページナビと呼ばれるページ番・・・

プラグインYARPPを使って記事下に関連記事を表示させPV数を増やす方法

スクリーンショット 2014-10-15 18.22.34

ヒデアキです ブログなんかを見ていると、記事の下の方に関連記事が載っていたりします。アマゾンとかでもよく「関連する商品はこちら」とか出てきますよね。あれってどうして表示させているのでしょうか。 関連記事の役割 関連記事の役割は、ブログの訪問者に「お、こっちの記事はなんだろう」と別の記事を提供すること・・・

TinyMCE Advancedを使いクリック操作で文字を装飾し綺麗な記事を作る方法

スクリーンショット 2014-10-15 18.30.41

TinyMCE Advancedは、サイトの記事を編集するときに様々な装飾を施すことができたり、表などを記事に載せたりできるプラグインです。 これを使えば、HTMLの知識がなくても記事を簡単に装飾できます。では、ご説明していきます。 TinyMCE Advancedを導入 Step.1 ワードプレス・・・

Contact Form 7の導入と使い方『アフィリエイトブログにメールフォームを設置する方法』

スクリーンショット 2014-10-15 18.31.29

この記事では、私のブログでも使っている、お問い合せフォームを作成できるプラグイン「Contact Form 7」の導入方法と使い方について解説します。 Contact Form 7は、生成されたコードを固定ページやウィジェットなどに貼り付けるだけでお問い合せフォームが設置できる便利なプラグインで、現・・・

トレンドアフィリエイトで導入すべきワードプレスプラグインまとめ

スクリーンショット 2014-10-15 19.40.56

トレンドアフィリエイトでワードプレスを使う場合、それに適したプラグインを入れる必要があります。 ただし、プラグインはたくさん入れてしまうとサイト全体を重くしてしまい、サイトの表示スピード、並びにSEO的にも良くありません。トレンドアフィリエイトは上位表示させなければ意味が無いので、最低限必要なプラグ・・・

Auto Post Thumbnailを使いワードプレスにサムネイル・アイキャッチ画像を自動で設定する方法

スクリーンショット 2014-10-05 16.17.40

ワードプレスでブログを書くときはアイキャッチ画像をつけると良いのですが、1枚1枚張り付けていくのはなかなか大変なところがあります。そこで、アイキャッチ画像を手軽に設定できる「Auto Post Thumbnail」というプラグインを使います。 これは記事の中で使った画像を、そのままサムネイルとして抽・・・

All In One WP Security & Firewallの使い方『ワードプレスのセキュリティ対策プラグイン』

スクリーンショット 2014-10-15 18.22.56

セキュリティ対策のプラグインで、最も使い勝手が良いプラグインとしては「All In One WP Security & Firewall」が挙げられます。 具体的には、データベースの接頭辞(_wp)の変更、ログイン履歴の確認、ユーザーネームやパスワードの変更、「.htacsess」や「wp-・・・

ワードプレススパムコメント対策プラグイン『アキスメット』の導入方法と使い方

スクリーンショット 2014-10-15 18.32.05

こちらの記事で解説されているアキスメットの導入方法は、古い情報ですので、他のサイトを参考にして頂ければと思います。お手数おかけします。 こんにちは、ヒデアキです。 今回は、ワードプレスブログのプラグインのなかで、スパムコメント対策に用いられるAkismet(以下アキスメット)についてご説明します。 ・・・

xmlサイトマップ作成プラグインgoogle xml sitemapsの設定と登録方法

スクリーンショット 2014-10-15 19.42.42

XMLサイトマップの作成はワードプレスを立ち上げたら必ず最初に行うべき設定です。 グーグルの検索エンジンは、クローラと呼ばれるロボットを使って世界中のウェブサイトを巡回しています。 このクローラは、ウェブサイトを巡回してその中身を評価し、検索エンジンの検索結果に表示させる役割があります。 クローラが・・・

Ping送信管理プラグインWordPress Ping Optimizerの導入方法と役割

スクリーンショット 2014-10-15 18.30.57

今回はPing送信を管理してくれる「WordPress Ping Optimizer」というプラグインについて解説します。  Ping送信とは そもそも、Ping送信とは何か?Pingとは「Packet INternet Groper」の略で、要するにサイトの信号みたいなものです。 このPing(信・・・

AdSense Managerの使い方と設定方法やアドセンスコード短縮のメリット

スクリーンショット 2014-10-15 19.13.59

AdSense Managerとは、登録したアドセンスコードを1行のコードに変換させることができるプラグインです。 プラグインに登録するので、アドセンスコードを改変する規約違反にならないで、コードを短縮できるのです。 HTMLのコードの量を減らしてスッキリできる他、プラグイン「AddQuicktag・・・

AddQuicktagの使い方と設定方法を知り記事作成時間を短縮

スクリーンショット 2014-10-16 0.37.31

ブログ記事を書く際に、いつも使うタグやフレーズがあると思います。そのような、よく使うフレーズを何度もキーボードで手打ちするのは時間がかかると思います。 なので、いつも使うタグやフレーズを、ボタン1つたった1クリックで書き込んで、ブログ記事作成の時間を短縮します。 AddQuicktagの使い方と設定・・・

AddQuicktagでアドセンスコードを記事内の中央に配置する方法

スクリーンショット 2014-10-15 19.13.42

AddQuicktagは、記事編集画面のツールバーにタグやコードなどを挿入できるボタンを追加できるプラグインです。 AddQuicktagによく使うコードなどを登録しておけば、ツールバーでボタンをクリックするだけで、記事内にアドセンスコードを貼り付けることができます。 アドセンスコードを登録できるプ・・・

WPtouchをインストールしてワードプレスをスマホ対応させる方法

スクリーンショット 2014-10-05 16.02.08

WPtouchとは、自分のブログをパソコン、スマートフォン、タブレットなど画面のサイズに応じて最適に表示させる為のプラグインです。 そして、自分のブログを各端末にあわせて最適に表示させる機能をレスポンシブデザインといいます。 ワードプレスのテンプレートによっては、レスポンシブデザインに対応していない・・・

ワードプレスで短縮URLを作成できるプラグインPretty Link Liteの使い方とパーマリンクの設定方法

スクリーンショット 2014-10-15 18.35.23

ワードプレスで作成した記事のURLを短縮するにはPretty Link Liteというプラグインを使った方が便利です。 このPretty Link LiteというプラグインはURLを短縮するだけでなく、その短縮したURLがクリックされることによって、そのクリック回数を計測することができるのです。 例・・・

このページの先頭へ