コピーライティングにおける4つの壁『4つのNOTの存在』


コピーライティングには4つの壁、もしくは4つのNOTと呼ばれるものがあります。
コピーライティングにおける4つの壁とは

1:開かれない(NotOpen)

2:読まれない(NotRead)

3:信じて貰えない(NotBelieve)

4:行動して貰えない(NotAct)

この4つです。

4つの壁を1つ1つ乗り越える事が大切

僕たちがコピーライティングでお金を稼ぐには、この4つの壁を1つずつ乗り越えます。開かれない壁(NotOpen)を乗り越え、読まれない壁(NotRead)を乗り越え、信じて貰えない壁(NotBelieve)を乗り越え、そして最後に行動して貰えない壁(NotAct)を乗り越えます。

今回は『開かれない』『読まれない』『信じて貰えない』『行動して貰えない』この4つの壁の乗り越えかたを解説します。

この4つの壁を乗り越えれるコピーが書けるようになれば、あなたがブログ、メルマガ、セールスレターを書く度にあなたの文章から商品が売れるようになります。

なので是非、この4つの壁の乗り越え方を理解してブログ、メルマガ、セールスレターを書いてみて下さい。

開かれない(NotOpen)の壁を乗り越える方法

『開かれない壁』はメルマガの場合であれば、メールが開かれない。という事になります。

『開かれない』の壁を乗り越えるには、メールの件名を、ありきたりなものにせずに、他の人が使わない『単語』や『言い回し』を使い、件名に新鮮味を与える事が大切です。

おそらくあなたも、これまで複数のメルマガを読んでいるうちに、ありきたりなメールの件名がどういったものかが分かってきたと思います。

・小学生でも実践可能!◯◯アフィリエイト

・1日◯時間で◯ヶ月後に◯万円稼ぐ方法

・◯◯で成功する為の◯つのポイント

このような『ありきたりな件名』では、開かれない(NotOpen)の壁を乗り越える事はできません。

なので、他の人が使わない『単語』を使ったり『言い回し』を変えたりする事が大切です。もし、あなたが語彙(ボキャブラリー)にそれ程強くない場合は『類語辞典』を使うと良いです。

類語辞典とは同じような意味を持つ単語をまとめたもので、普段、自分が使っている単語を違う単語に置き換える事ができるので、メールの件名に新鮮味を持たせる事ができます。

また、その時々で移り変わるブームやトレンドに関するキーワードを記事タイトルに入れるのも良いです。例えば、Googleの新たなアップデートが起こった場合であれば『Googleのアルゴリズムが激変!新アップデートを利用して上位表示させるテクニックを3つ公開』となります。

せっかくメルマガやセールスレターを書いても、それが開かれなければ読まれる事もありませんので、まずは『開かれない壁』を乗り越える事を意識して下さい。

読まれない(NotRead)の壁を乗り越える方法

読まれない壁を乗り越える方法は『興味性』のある話をする。です。例えば、あなたの読者がネットビジネスに興味がある場合。その場合は記事の内容はネットビジネスの話が中心になります。

ネットビジネスを知りたい人に、自分の愛犬を紹介したり、所有している車を紹介したりしても相手は興味を示しません。そういった自分の話をするのは、読者が求める話を十分にした後です。『読者が求めている話』をしないと読者は僕たちの前から去っていきます。

ただし、ブログやメルマガを書く時、最初から最後までテクニカルな事や専門的なことだけを書くのはナンセンスです。

テクニカルな事や専門的な内容であればネットで検索すればいくらでも知る事ができます。僕たちがすべき事は、そういった専門的な話や難しい話を読者が理解しやすいように話すことです。

で、どうすれば読者が理解しやすいように話ができるかというと『例え話』を使います。

例えば、売れるコピーの書き方とは?

を読者に解説する場合であれば、このような例え話をします。

セールスレターとはラブレターのようなものです。大切な人に自分の本当の気持ちを伝えるラブレターなのです。例えば、あなたが好きな人に手紙を書く時、『どんな事を書けば良いか』とか『どんな単語を使えば良いか』などと考えるでしょうか?

おそらくそんな事考えないと思います。

本当に好きな人に手紙を書く時は、自分の想いを素直に伝えたい。という気持ちになるはずです。

うわっつらな言葉や、心にも思っていない事は書けないと思います。コピーもそれと一緒で、あなたが読者の事を真剣に想っているのであれば自然に言葉が出てきます。

たしかに、売れるコピーを書く為のテクニックは多々あります。

ですが、そういったテクニックは『コピーは大切な人に届けるラブレターである』という事を抑えた上で使うもので、テクニックだけ覚えても売れるコピーは書くことは出来ません。

この様に『例え話』を使って読者が理解しやすいように解説します。売れるコピーが書ける人は例え話が上手いです。

興味深い例え話をするので、ついつい文章の中に引き込まれてしまいます。

コピーライティングにおける4つの壁。2つめの『読まれない』の壁を乗り越える方法は興味性のある話をするです。

信じて貰えない(NotBelieve)の壁を乗り越える方法

では3つめの壁『信じて貰えない』この壁を乗り越える方法は『信ぴょう性』のある話をする。です。

例えば、あなたのスマートフォンにあなたの友達から着信がありました。

あなたは電話にでました。

『久しぶり~元気だった?実は昨日、3億万円拾っちゃった。』と友達は言ってきました。

あなたは、何と思うでしょうか?

おそらく『すごーい!』とは思わないはずです。おそらく『頭おかしくなったのかな…』と思うはずです。理由は、友達の話に信ぴょう性が無いからです。

信ぴょう性の無い話は、信じる事が出来ません。では、どうすれば信ぴょう性のある話をして相手に信じて貰える事ができるでしょうか?

話に信ぴょう性を持たせる1番簡単な方法は『具体的に話す』です。

例えば、

『久しぶり~元気だった?実は昨日、3億万円拾っちゃった。』

これを具体的に話すと、

「久しぶり~元気だった?実は昨日の午前中、親戚のおじさんが管理している山に彼氏とタケノコ狩りに行ったのね。で、タケノコを掘ってたら土の中から金属製のアタッシュケースが出てきたの。そのアタッシュケースには鍵がかかってなくて、そのまま開いたら、透明の袋に1万円の札束が沢山入ってたの。その後、アタッシュケースをおじさんの家に持ち帰って、おじさんと一緒に数えたら2億9732万円入ってたの。」

となります。かなり信ぴょう性のある話になりましたよね?

具体的に話をする時は5W1Hを使います。

中学の英語で習った5W1Hです。

When(いつ)

Where(どこで)

Who(だれが)

What(なにを)

Why(なぜ)

How(どのように)

この5W1Hを使って文章に具体性を持たせると、信ぴょう性のある文章になります。

また信ぴょう性を持たせるには数字を使う事も大切です。例えば「沢山お金を拾った」と言われるよりも「3億円拾った」と言われるほうが信ぴょう性があると思います。

更に言えば「3億円拾った」と言われるよりも「2億9732万円拾った」と言われたほうが信ぴょう性があると思います。

数字を使う時もできるだけ具体的に数字を出して下さい。

『信じて貰えない』この壁を乗り越える方法は信ぴょう性のある話をするでした。

行動して貰えない(NotAct)の壁を乗り越える方法

では最後の壁『行動して貰えない』この壁を乗り越える方法は『どんな行動をとって貰いたいかをハッキリ伝える』です。

これはどういう事かというと、例えば自分のブログ読者の人に感想メールを貰いたい時はハッキリと「このブログの感想メールを下さい。感想メールはこちらから送る事が出来ます→http://***」と伝えます。

例えば商品を買って貰いたい時は、ハッキリと「是非こちらの商品を手にして下さい→http://***」と伝えます。

普段の生活では、ハッキリものを言わない人でもコピーを書く時はハッキリと、どんな行動をとって貰いたいかを伝えます。

現在、感想メールを募集しています→http://***

これでは、駄目です。

現在、感想メールを募集していますので、こちらをクリックして感想メールを送って下さい→http://***

とハッキリ具体的に何をして貰いたいかを伝えて下さい。また、行動をとって貰うには『プレゼント』を用意するのも良い手段です。

例えば、

現在、感想メールを募集していますので、こちらをクリックして感想メールを送って下さい→http://***

と言うよりも、

現在、感想メールを募集していますので、こちらをクリックして感想メールを送って下さい→http://***感想メールを送って頂いた方にはブログテンプレートを差し上げます。

と伝えた方が、沢山の感想メールが貰えます。

更に、人は期限が無いと行動を先延ばしにする傾向があるので、その場で行動して貰う為に何かしらの限定性を与える事も大切です。

例えば、期間で限定性を与える場合であれば、

現在、感想メールを募集していますので、こちらをクリックして感想メールを送って下さい→http://***感想メールを送って頂いた方にはブログテンプレートを差し上げます。

と言うよりも、

現在、感想メールを募集していますので、こちらをクリックして感想メールを送って下さい→http://***◯月◯日の◯時までに感想メールを送って頂いた方にはブログテンプレートを差し上げます。

と伝えた方が、相手は行動をとりやすくなります。なので、相手に行動を促す時は、

・どんな行動をとって貰いたいかをハッキリ具体的に伝える

・行動する事のメリットを伝える

・期限、人数などの限定性を与える

この3つを伝えて下さい。そうすれば良い反応が返ってきます。

コピーライティングにおける4つの壁と、その乗り越え方を解説してきましたがどうだったでしょうか?4つの壁はコピーライティングのもっとも基礎となる部分なので必ず覚えておいて下さい。

今回の記事はお役にたてましたでしょうか?

もし、今回の記事を読んで感想や分からない事などありましたら、下のフォームよりお伝え下さい。

些細な事でも構いません。

おそらく、あなたが抱いた疑問は、これからこの記事を読む方も抱く疑問です。

そういった疑問を1つ1つ解決していきます。

コメントして頂ければ気づき次第、すぐに回答いたします。



総合案内

著者情報
著者情報
年収1000万円まで守る2つの事
読者さまの声
読者さまの声
もくじ
もくじ
超初心者講座
超初心者講座
ブログ基礎講座
ブログ基礎講座
トレンドブログ講座
トレンドブログ講座
パワーブログ講座
パワーブログ講座
マインドセット
マインドセット
コピーライティング
コピーライティング
ブログアフィリエイト
ブログアフィリエイト
トレンドアフィリエイト
トレンドアフィリエイト
ネットビジネス
ネットビジネス
SEO
SEO
コラム
Googleアドセンス
Googleアドセンス
与える事に徹する
与える事に徹する
先生の選び方
先生の選び方
Googleアドセンスの始め方
Googleアドセンスの始め方
賢威カスタマイズ
賢威カスタマイズ
このブログについて
このブログについて
女性のブログアフィリエイト
女性のブログアフィリエイト
そもそものステップが違う
そもそものステップが違う
中高年の方はシンプルな方法がお勧め
中高年の方はシンプルな方法がお勧め

このページの先頭へ