グーグルアドセンスのページ単位の広告(アンカー広告)とは。貼り方とメリットについて


「ページ単位の広告の紹介」とは何か?

グーグルアドセンスにログインすると、このような画像がホーム画面上部に大きく表示されています。

1

定期的にアドセンスにログインをされている場合、一度は目にしたことあると思います。

けど、何なのかよくわからないから、あまり気にしない。という方もいると思います。

今回はページ単位の広告(アンカー広告)の特徴と、貼り付け方について解説します。

スマホユーザーのアクセスが多いブログであれば、収益の改善が期待できます。

ページ単位の広告(アンカー広告・モバイル全画面広告)特徴

ページ単位の広告という表現ですと、なんだか難しいように感じますが、簡単に言いますとモバイルユーザー向けの広告になります。

このページ単位の広告について、グーグルはこのように言っています。

ページ単位の広告とは、コンテンツを収益化するための新しい革新的な方法を提供する広告フォーマットです。ページ単位の広告を使用する際には、広告を表示する各ページに同一の広告コードを配置します。一度コードを追加した後には、良好なパフォーマンスが得られる可能性の高い適切なタイミングで自動的に AdSense がページ単位の広告を表示し、ユーザーに適切なエクスペリエンスを提供します。

AdSense ヘルプ

つまり、ブログを収益化する為の新しい広告フォーマットで、簡単に設置ができ、ユーザーに適切な体験を提供できるということです。

ページ単位の広告は一つの広告コードを、<head>~</head>内に埋め込むだけで、設置が完了します。

従来のアドセンス広告と比較して、コードの貼り付けが一回で済みますので、ページごとにアドセンスコードを貼り付けたり、プラグインをなどを使って全ページに表示させる必要はなくなります。

作業的にはとても楽です。

また、設置が完了すれば、後はグーグルがアンカー広告と、モバイル全画面広告の2種類の中から、ユーザーに適切な広告を自動で表示してくれます。

そして、このアンカー広告と、モバイル全画面広告に関して、グーグルはこのようにも言っています。

ユーザーにとって利便性が高い場合のみ広告が表示されます。

というのも、この二つの広告は毎回表示される訳ではなく、グーグルがユーザーにとって利便性が高いと判断した場合のみ表示されます。

つまり、グーグルが判断して興味がありそうな人にだけ広告が表示される。ということになります。

では、具体的にどのような特徴があるのか?

それぞれの広告フォーマットについて見ていきます。

アンカー広告(オーバーレイ広告)

アンカー広告は、モバイル端末の下部に表示されるスクロール追尾型の広告です。

2

アンカー広告の特徴としては以下のようになります。

  • 画面下に表示され、スクロールに合わせて追尾してくれる。
  • 広告上部を下方向にスワイプすることで、広告を非表示にすることができる。
  • 広告ユニット数としてカウントされない。
  • サイト内全ページで、ユーザーにとって利便性が高い場合のみ表示される。

アンカー広告の特徴の中で、やはり一番気になるのが、スクロールに合わせて広告が追尾してくる。という部分です。

人によっては、この追尾広告が「うざい」という意見もあります。

ただ、毎回表示される訳ではないので、この部分に関してはグーグルが言う「ユーザーにとって利便性が高い場合のみ表示される」という言葉を信じるしかありません。

反対に、僕たちのメリットとしては、広告ユニットの数としてカウントされないので、従来通り3つの広告ユニットに+αで広告を表示することができます。

(※従来のコンテンツ向けAdSenseの広告ユニットは1ページに3つまで、という広告配置に関するポリシーがあります)

モバイル全画面広告

モバイル全画面広告はページを移動した時に、以下の画像のように全画面に表示される広告です。

3

モバイル全画面広告の特徴としては、以下のようになります。

  • ページが読み込まれている際、全画面に表示される。
  • ページから離れた時に表示される。つまりファーストビューでは表示されない。
  • 右上に表示される「広告を閉じる」をタップすることで、広告の表示を消すことができる。
  • 広告ユニット数としてカウントされない。
  • サイト内全ページで、ユーザーにとって利便性が高い場合のみ表示される。

モバイル全画面広告は全画面に広告が表示されますので、アンカー広告以上にインパクトがあります。

ただ、これもアンカー広告と同様で、グーグルが「ユーザーにとって利便性が高い場合のみ」表示されます。

そして、一番の特徴が「ページから離れる時に表示される」です。

つまり、1ページ目が表示された時には広告は表示されないが、1ページ目から離れ、2ページを読み込む時に広告が表示されるということになります。

ページ単位の広告の導入

ページ単位の広告を導入する手順は、以下の画像の順番で進めていきます。

実際におこなう作業は、「コードの取得→コードの貼り付け→テストの実施」になります。

4

まずは、グーグルアドセンスにログインをします。

グーグルアドセンス

ログインをしましたら、1・2の順番にクリックをして、「ページ単位の広告」の管理画面を開きます。

次に、3の箇所で好みの広告を「on」の状態にします。

「on」の状態にしましたら、4をクリックすること、以下のような広告コードが表示されます。

赤枠で囲ったコード全文をコピーしてください。

5

コードをコピーしましたら、以下のようにワードプレスの<head>~</head>に貼り付け「ファイルを更新」をクリックします。

6

コードの貼り付けができましたら、ページ単位の広告が正常に動作するかをテストします。

というのも、先述したようにページ単位の広告は、毎回表示される訳ではないので、ブログを開いて確認しても広告が表示されないことがあります。

ですので、以下のテストを実施をクリックします。

7

クリックしますと、以下のポップアップが表示されますので、こちらのポップアップに書かれている手順に沿ってテストをおこないます。

8

テストはモバイル端末を利用します。

モバイル端末を使用して、ブログURLの末尾に「#googleads」を入力して、ブログにアクセスします。

以下の画面が表示されましたら、プレビューツールが正しく動作している状態です。

最初は英語表記になっていますので、赤枠で囲った部分をタップし、プルダウンのメニューの中から、日本語を選択します。

9

アンカー広告とモバイル全画面広告が、それぞれ表示されるのを確認できましたら、導入完了です。

まとめ

「ページ単位の広告」は、グーグルアドセンスの新しい取り組みですので、実際はどのくらいの収益が見込めるのかは、まだ未知数です。

もちろん従来のアドセンス広告でも、充分に収益をあげることはできますので、慌てて導入する必要はないと思います。

モバイル端末からのアクセスが多い。けど、収益が伸びないという時に試されると新たな発見があるかもしれません。

ただ、僕の見解としては、「ページ単位の広告」は全てのユーザーに表示される訳ではないですので、大きな期待は感じていません。

というのも、僕がテストした結果を元に計算をしますと、1万PVあっても表示されるのは大体3500回(アンカー広告の場合)です。

そこからクリック率を考慮すると、実際の広告がクリックされる回数は限定的。と、考えることができます。

今後、「ページ単位の広告」が主流になるようであれば、その時に導入を検討しても良いと思います。

次ページ

12次

今回の記事はお役にたてましたでしょうか?

もし、今回の記事を読んで感想や分からない事などありましたら、下のフォームよりお伝え下さい。

些細な事でも構いません。

おそらく、あなたが抱いた疑問は、これからこの記事を読む方も抱く疑問です。

そういった疑問を1つ1つ解決していきます。

コメントして頂ければ気づき次第、すぐに回答いたします。



総合案内

著者情報
著者情報
年収1000万円まで守る2つの事
年収1000万円まで守る2つの事
読者さまの声
読者さまの声
もくじ
もくじ
超初心者講座
超初心者講座
ブログ基礎講座
ブログ基礎講座
トレンドブログ講座
トレンドブログ講座
パワーブログ講座
パワーブログ講座
マインドセット
マインドセット
コピーライティング
コピーライティング
ブログアフィリエイト
ブログアフィリエイト
トレンドアフィリエイト
トレンドアフィリエイト
ネットビジネス
ネットビジネス
SEO
SEO
コラム
Googleアドセンス
Googleアドセンス
与える事に徹する
与える事に徹する
先生の選び方
先生の選び方
Googleアドセンスの始め方
Googleアドセンスの始め方
賢威カスタマイズ
賢威カスタマイズ
このブログについて
このブログについて
女性のブログアフィリエイト
女性のブログアフィリエイト
そもそものステップが違う
そもそものステップが違う
中高年の方はシンプルな方法がお勧め
中高年の方はシンプルな方法がお勧め

著者:ヒデアキ
現在は、ネット集客のスキルを活かして既に起業されている方やこれから起業を真剣に考えている方を全力でサポートしています。
更に詳しいプロフィールはこちら

このページの先頭へ