協定プログラム

協定

協定プログラムは、Googleが推奨しているSEO対策(ホワイトハットSEO)を使って、あなたのブログを検索結果のトップページに表示させる手順をステップバイステップで解説した教材になります。

値段は、79,800円になります。

「今以上にブログのアクセス数を延ばしたい」と考えている方に手にとって頂きたい商品です。

僕がこれまでSEOを勉強してきた分かった事。

それは、SEOで本当に大切な知識は、そう多くはなく集中して勉強すれば1週間もあれば知識として定着する、という事。

先にSEOの知識を身につけてから記事を書く。そうすれば楽にアクセスが集まる。

ブログアフィリエイトを実践している人の殆どは、SEOを知りません。

SEO、つまり「検索エンジン最適化」は自分のブログをGoogleに、より正確に評価して貰うための技術。という事を理解してはいるものの、何故かSEOを学ぼうとしません。

その理由は、いろいろあると思います。

・SEOを教えてくれる人がいない…

・SEOの効果を実感した事がない。なので、興味が持てない…

・難しそうな話は嫌い…

・「SEOは大切」と言っているアフィリエイターが少ない。本当に大切なの?

・etc…

理由は、いろいろあると思います。

僕自身、SEOを勉強する前は、SEOに抵抗がありました。

「SEOを専門にしている業者がいるくらいだ。習得するにはかなりの時間が必要なんだろうな…いつか覚えよう…」

と思っていました。

ですが、ブログである程度稼げるようになり、市販されている「アフィリエイト教材」だけの知識では限界がある事に気づいてからSEOを学ぶようになりました。

現在のアフィリエイト業界は全体的にSEOに関する知識が乏しい

実は、現在のアフィリエイト業界は全体的にSEOに関する知識が乏しいです。

理由は「SEOを知りたい!」と思っている見込み客が少ないからです。つまり、SEOには需要が無いからです。

何故、見込み客(アフィリエイトでお金を稼ごうと思っている初心者)は、SEOに興味を示さないのでしょうか?

その理由は、1つしかありません。

「アフィリエイト初心者はブームに便乗したがるから」

ただこれだけです。

アフィリエイト初心者、もしくは、過去にアフィリエイトで失敗した人は「アフィリエイトで成果を出すには最新のノウハウが必要」だと思っています。

なぜかというと、有名なインフォプレナー(情報起業家)が、自分の商品を売る為に「先行者利益を追求した最新のアフィリエイト手法を大公開!!参入するなら今!!」と膨大な広告費をかけて宣伝しているからです。

例えば、2012年頃であれば、多くの情報起業家は

「Twitterがアツい!!これからアフィリエイトをやるならTwitterしかない!!」

と宣伝します。ですので、その頃にアフィリエイトに参入した初心者はTwitterに興味を持ちます。

例えば、2013年頃であれば、

「全SNSにおけるFacebookのシェアはご存知でしょうか?mixi、Google+、Twitter、どのSNSよりもユーザーが多いのがFacebookの市場です。Twitterで稼げなかった?それは、市場を間違えたからです!!Facebookが正解だったのです!!」

と宣伝します。ですので、その頃にアフィリエイトに参入した初心者や、過去にTwitterで失敗した人は、Facebookに興味を持ちます。

2014年は、YouTubeです。

今でもYouTubeを使ったアフィリエイトは、多くの注目を集めています。

ですが、そのうちYouTubeも、何かしら理由をつけられて「古いノウハウ」と言われるようになります。

僕はこれまで「初心者はブームに便乗したがる」この心理を利用したマーケティングを幾度と無く見てきました。

あえて需要の無い商品を勧める

おそらく、この文章を読んでいる人は、大きく2種類に分けられます。

・トレンドブログ、特化型トレンドブログ、パワーブログ、ペラサイト、過去にこういったブログを立ち上げ、そして失敗し「YouTubeアフィリエイトしかないか…」と、やはりブームに便乗しようとしている人

・トレンドブログや特化型トレンドブログ、パワーブログなどで、既に成果を出しており、あとはアクセス数さえ伸ばせば、それに比例して報酬が上がる事を確信している。なのでSEOを学ぼうと思っている人

僕の経験上、アフィリエイトを始めて最初からSEOに興味を持つ人はいません。

アフィリエイトを始める9割以上の人は、どのブームに便乗するのが正解なのかをリサーチします。

ブームに便乗する事が前提にあります。

ですので、SEO(検索エンジン最適化)といった、既に何年も前からある、いわば1つの学問と言ってもよいスキルには興味を示しません。

SEOは難しいと思っています。SEOは難しいので、もっと楽に稼げる手法を探します。

ネットビジネスで上手くいかない理由の99%は集客にある

実は、ネットビジネスで結果を出せない場合、その原因の99%は集客が出来ていないからです。

例えば、ネットビジネスを始めると「ネットビジネスで成果をあげるにはコピーライティングが大切」と誰かに言われて、コピーライティングを学ぶようになります。

ですが、コピーライティングを勉強したところで、売れるコピーを書く事はできません。

売れるコピー、つまり「人を動かす文章」を書くには、コピーライティングを学び、学んだ知識を活かしてコピーを書き、そして、書いたコピーを見込み客に見せます。

その結果、自分の書いたコピーから商品が売れれば、そのコピーは「良い文章」という事になりますし、もし売れなかった場合は「悪い文章」という事になります。

ですが、最初にコピーライティングから入ってしまうと、コピーライティングの「い・ろ・は」を学びセールスレターが書けても報酬をあげる事は出来ません。

理由は、書いたセールスレターを見せる見込み客を集めるスキルがまだ無いからです。

また、TwitterやFacebook、YouTubeなど「アフィリエイト初心者向け」と謳われている手法から入ると、その手法は最終的に「スパム」に繋がります。

理由は簡単です。

アフィリエイト初心者は、応用力が無いので初心者です。

ですので誰でもできる手法を実践する事になります。誰でもできる手法は、基本的に「労働系の手法」です。

例えば、トレンドアフィリエイトも労働系の手法です。

トレンドアフィリエイトの場合「キーワードの選定」「記事の書き方」この2つさえ覚えてしまえば、後は自分の時間が許す限り記事を量産します。

そして、記事が多ければ、その分、得られる報酬も増える傾向にあります。

これは僕自身もそうでしたが、初心者は上手くいった方法に固執します。

その手法で稼げなくなるまで、稼ぎます。

上手くいった方法を続ける事は、ビジネスの鉄則です。ですので、それが正解です。

ですが、初心者でも上手くいくノウハウはいずれ何かしらの理由で廃れます。

例えば、トレンドブログ。

2013年の後半からトレンドブログを中心に手動ペナルティが課せられるようになりました。

理由は、ネット上に、同じようなノウハウで作られた、同じような事が書かれたトレンドブログが溢れかえっていたからです。

これは、トレンドアフィリエイト市場に多くのアフィリエイト初心者が参入した結果です。

初心者でも上手くいくノウハウは、多くの初心者が参入するので、いずれ廃れます。

また、ツイッターやフェイスブックなどのSNSを使ったアフィリエイトの場合でも、初心者は「ツイッターを使ったアフィリエイト」と聞くと、1つのツイッターアカウントを使って月に何十万円ものお金を稼ぐものだと考えますが、実際は違います。

ツイッターやフェイスブックでまとまった報酬を得る場合、1つのアカウントでは無く、複数個のアカウントを同時に運用して報酬をあげます。

例えば、ツイッターアフィリエイトの場合であれば、月に1万円稼ぐアカウントを作れるようになったら、それと同じ要領でアカウントを増やしていき、月収30万円稼ぎたい場合は、30体のアカウントを持ち、100万円稼ぎたい場合は100体のアカウントを持つ。といったイメージです。

もちろん、1人で何十体ものアカウントを持つ事をTwitter社は想定していません。その何十体ものアカウントで一方的にフォロー/アンフォローを繰り返す事も想定していません。

ですので、そういったスパムとみなされてもおかしくないアカウントを、凍結します。

このように、初心者向けの手法が長く続かない理由は、誰でも出来る集客方法で、集客する為。それが「飽和」もしくは「スパム」と捉えられてしまうからです。

ネット集客の王道はSEO集客

「ネット集客の王道はSEO集客です」と言い切ってしまうと、

僕が今回紹介している「協定プログラム」を売りたいからそう言っているんじゃないの?と思われてしまうかもしれません。

ですが、実際に僕がこれまで実践してきて、もしくは、その裏側を見てきて、SEO集客、SNS集客、レポートスタンドからの集客、メルマガでの紹介、など様々な紹介方法の中で、最も安定して人を集められているのがSEO集客でした。

もちろん、それぞれの集客方法には、SEO集客には無いメリットが沢山あります。

例えば、SNS集客の場合、SNSアカウントを作れば、その日から集客を始める事が出来ます。

レポートスタンドからの集客の場合、数ヶ月かけて、有料級のレポートを作れば、濃い読者が自動で集まります。

メルマガで紹介して貰える場合は、既に多くのメルマガ読者を抱える有力者にお願いすれば、短期間で何百ものメルマガ読者を集める事も出来ます。

ですが、その半面デメリットもあります。

例えば、SNS集客の場合、SNSの用途が「人とコミュニケーションするツール」という事から、コミュニケーションせずに一方的な集客をするとスパムに見えてしまいます。

コミュニケーションは自動化する事はできません。ですので、いずれ集客の限界がきます。

レポートスタンドからの集客の場合、有料級のレポートを作る事が最低条件です。

中身の無いレポートを渡しても、その後、僕たちの話を聞いてくれる人は残ってくれません。

人を惹きつけるレポートを作るには知識と経験が必要です。

ですので、レポートスタンドからの集客は、実はどの集客手法の中でも最も実力が試される。といっても過言ではありません。

実力をつけるにはもちろん時間がかかります。おそらくSEO集客よりも時間がかかる集客手法と言えます。

有力者に頼んでメルマガで紹介して貰うには、紹介してくれる律儀な方を見つけなくてはいけません。

無料では紹介して貰えないかもしれません。そして、あなたが既にその方よりも実績の面で上だった場合、紹介して貰える事はありません。

このように、どの集客方法にもメリット・デメリットがあります。

もちろん、SEO集客にもメリットとデメリットがあります。

SEO集客の1番のデメリットは時間がかかる、という事です。

参入する市場にもよりますが、SEO集客の場合、基本的にアクセスが集まり始めるまで3ヶ月は見ないといけません。

これは僕の経験からも言える事で、1、2ヶ月記事を更新して「失敗かな…」と思ってブログを放置していたら、3、4ヶ月が経った頃から徐々にアクセスが延びはじめる。こういった事もあります。

このようにSEO集客は、時間がかかります。

僕のように何年もアフィリエイトをやっていて、こういった事を理解している人からすると「当たり前の事」ですが、アフィリエイトを始めてすぐの方が3ヶ月間、殆どアクセスがなかったら挫折するのも当然です。

これが、SEO集客の最大のデメリットですが、その分メリットも大きいです。

SEO集客の最大のメリットは「完全自動で集客が可能」という事です。

よく「ブログは毎日記事を更新しないとアクセスは落ちますか?」といった質問を頂きますが、答えはNOです。

1記事1記事「検索ユーザーを満足させる」とコミットメント(宣言)して記事を書いていれば、記事を毎日更新せずとも安定したアクセスを集める事は可能です。

ブログのアクセスが落ちるメカニズムが分かれば、完全自動で集客できる理由が分かる

僕たちのブログにアクセスが集まる条件は2つあります。

1つめは、僕たちが書いた記事が検索結果のトップページに表示されている

2つめは、その記事を読みたいと思っている人がいる

この2つだけです。

僕たちのブログにアクセスが集まるまでの過程は以下です。

 

ステップ1:

46都道府県のどこかに住む日本人が普段の生活の中で何かに疑問もしくは関心を抱く

ステップ2:

手元にあるパソコン、もしくはスマホのブラウザを開く

ステップ3:

マウス、もしくは指先を動かして、疑問や関心の事を、ブラウザの検索窓に打ち込む

例:アフィリエイトの種類

ステップ4:

Googleの検索エンジンが「アフィリエイトの種類」について、検索ユーザーを満足させている記事トップ10をデータベースからアルゴリズムによって導き出す(これをランキングと言います)

ステップ5:

導きだされたトップ10の記事が、検索結果のトップページに表示される

ステップ6:

検索ユーザーは、トップページに表示された10の記事の中から、自分を最も満足させるであろう記事を、各記事の「記事タイトル」「リッチスニペット(記事の抜粋)」を参考に瞬時に判断し、気になった記事をクリックする。

もし、トップページに気になった記事が無かった場合は、検索結果の2ページ目、3ページ目と移動する。

(大抵の場合、トップページに表示されている記事で検索ユーザーは満足を得られる。その為にGoogleは検索エンジンのアルゴリズムの変更を行っている)

ステップ7:

クリックされた記事が、僕たちが書いた記事だった場合、アクセスされる

 

以上が、僕たちのブログにアクセスが集まるまでのプロセスになります。

7つのステップがありましたが、この中で僕たちがアクセスを集める為に特に意識しなくてはいけないステップは、

 

ステップ1:

46都道府県のどこかに住む日本人が普段の生活の中で何かに疑問もしくは関心を抱く

 

ステップ4:

Googleの検索エンジンが「アフィリエイトの種類」について、検索ユーザーを満足させている記事トップ10をGoogleのデータベースからGoogleのアルゴリズムによって導き出す(これをランキングと言います)

 

この2項目です。

仮に、僕たちが素晴らしい記事を書いたとしても、その記事を読みたいと思っている人が、46都道府県のどこにもいなければ、僕たちの記事にアクセスされる事はありません。

仮に、検索ユーザーが、疑問や興味ある事を検索窓に打ち込んだとしても、その検索結果のトップページに僕たちが書いた記事が表示されなかった場合、僕たちの記事にアクセスされる事はありません。

逆を言えば、僕たちの書いた記事がトップページに表示されていて、そして、その記事にニーズがあり続ける限りは、僕たちの記事にアクセスは集まり続けるという事です。

ですので、完全自動で集客できるブログを作るには、以下の2ステップで記事を書きます。

 

ステップ1:

長期的に検索され続ける(ニーズが続く)であろうキーワードを対象とした記事を書く

 

ステップ2:

他の競合ブログよりも更に検索ユーザーが満足する記事を書く

 

僕たちは、この2ステップで記事を書いておけば、ネット集客は自動化されます。

「検索ユーザーが満足する記事を書く」は凄く曖昧

Googleの検索エンジンは、検索ユーザーが満足する記事を検索ユーザーの目につきやすい場所(検索結果のトップページ)に表示させる為に、検索アルゴリズムをアップデートしてきました。

「ペンギンアップデート」「パンダアップデート」こういった言葉を1度は聞いた事があると思いますが、これもGoogleがアルゴリズムを大きくアップデートした時に付けられたアップデート名です。

Googleは常に「検索ユーザーが満足する記事」を上位表示させるには、どうすれば良いか?を考えています。

では、Googleが言う「検索ユーザーが満足する記事」とは、どういったものでしょうか?

Googleは検索ユーザーが満足する記事がどういったものかを明確には示していません。

Googleウェブマスター向けガイドライン(ウェブマスターとは、サイト管理者の事)では、Googleと相性の良いサイトを作成する方法などは解説されていますが、検索ユーザーが満足する記事の定義については解説されていません。

Googleは、検索ユーザーが満足する記事を、どうすれば正確に見つけられるかを探っている状態

僕が考える、検索ユーザーが満足する記事は、

・検索ユーザーが求めている情報を簡潔に解説している

・記事がスラスラ読めて、しかも、おもしろい。飽きない。何時間でも読んでられる

・読めば読むほど、著者の人柄や、気遣いが感じられる。ブログのコメント欄に「参考になりました。ありがとうございました。」と書きたくなる

・正しい情報が書かれている。引用がある場合は、その引用元が明記されている。定期的に記事の修正が行われている

・友達に紹介したくなる

です。

これは僕の考えですが、おそらくGoogleが言う「検索ユーザーが満足する記事」も、これに似たものだと考えています。

もしそうだとしたら、Googleはどのようにして、こういった記事をネット上から見つけているのでしょうか?

Googleアナリティクスを参考に考えてみる

Googleが提供しているサービスに「Googleアナリティクス」というものがあります。

このサービスは、自分のブログにGoogleアナリティクスを設置する事で、ブログのアクセス数や、ブログの滞在時間などを調べる事ができるものです。

もう少し正確に、Googleアナリティクスで調べられる項目を示します。

・セッション

・ページ/セッション

・ページビュー

・ユーザー

・新規セッション数

・直帰率

・平均セッション時間

Googleアナリティクスを導入する事で、僕たちはこういった項目を調べる事ができます。

Googleアナリティクスの機能を見て分かる事は、Googleは、これくらいのデータであれば簡単に収集できる。という事。

そして、Googleのアルゴリズムの要因には、これらのデータも含まれていると言われています。

では「検索ユーザーが満足する記事」は、これらGoogleアナリティクスに表示される数字では、どのような値を見せるのでしょうか?

おそらく、それぞれの値は高い数字になるはずです。

例えば「平均セッション時間」この値が高ければ、長時間記事が読まれているという事ですので、そのブログには、検索ユーザーが満足する記事が多数ある。

とGoogleは知る事ができます。

このように、Googleが何を参考にして検索ユーザーが満足する記事を探しているかを考える事で、僕たちは、Googleが言う「検索ユーザーが満足する記事」とはどういったものかを予想する事ができます。

僕たちとGoogleの「検索ユーザーが満足する記事」の相違点

一般的に本質を理解している人の話は簡潔にまとめられていて、とてもシンプルです。

一方、本質を理解できていない人の話は、ややこしく、そして長いです。

例えば、

「恋とは何ですか?」という質問に対して、

本質を理解している人は「胸がキュンとなる瞬間」と言うのに対して、

本質を理解していない人は「恋は、一般的に3種類に分けられると言われており…」と話が長くなります。

これはブログ記事でも同じで本質を理解している人の記事は簡潔で、かつシンプルです。

ですがGoogleは、こういった簡潔にまとめられた記事を必ずしも評価するとは限りません。

むしろ、今の検索エンジンは、記事をシンプルにまとめ過ぎると評価しないようにも感じます。

「その記事はユーザーを満足させられているか?」それは、その記事を読んだ本人しか分かりません。

ですので、本人に聞くしかないです。「今、この記事を読まれたと思うのですが満足されました?」と。

ですが、記事を読んだユーザーにいちいちそんな事を聞くのは物理的に不可能です。

ですので、先ほど「Googleアナリティクス」で解説した通り、Googleはユーザーの動きを数値化して、その数値から、その記事がどれほどユーザーを満足させられているかを読み取ろうとしています。

ですので、Googleが「検索ユーザーが満足する記事」と判断する数値を上げれば、僕たちの記事はGoogleから評価される。という事になります。

Googleは何故、文章ボリュームのある記事を評価するのか?

僕がこれまでSEOのテストを繰り返してきて、顕著に成果が現れた対策の1つに文章ボリューム(記事の文字数)があります。

例えば、記事の文字数が500文字の記事と、10000文字の記事では、後者のほうが検索結果の上位に表示されやすいです。

おそらくGoogleは「文章ボリュームのある記事は、検索ユーザーを満足させている傾向にある」というのが、これまでの経験であったのだと思います。

ですが、Googleは正式には「文章ボリュームのある記事を評価する」とは言っていません。

ですので、ブログアフィリエイト初心者は、たとえ豊富な知識があったとしても、それを複数の記事に分けて投稿してしまったりします。

そのやり方は、今のGoogleアルゴリズムからすると不利です。

もし、10000文字書けるだけの知識がある場合は「1000文字の記事×10記事」とするよりも「10000文字の記事×1記事」で投稿したほうが、最終的に多くのアクセスを集める事ができます。

このように、いくら検索ユーザーを満足させる記事が書けたとしても、その投稿方法がGoogleの特性に合っていない場合、Googleから正しく評価される事はありません。

ですので、これからSEO集客をする場合Googleが言う「検索ユーザーが満足する記事」とはどういった事を指しているのか。を考え、テストする力が必要です。

ホワイトハットSEO…Googleから正しく評価される為のスキル

実は、僕たちが検索ユーザーが満足する記事を書いたとしても、その記事の書き方がGoogleが公開しているガイドラインに沿っていない場合、Googleの検索エンジンから正しく評価される事はありません。

Googleは、検索ユーザーが満足する記事を書いているウェブマスター(サイト管理者)の努力を正しく評価したいと思っています。

ですのでGoogleは、Googleの検索エンジンから正しく評価させる為の記事の書き方についてのガイドラインを公開しています。

そして、そのガイドラインに従ってSEO対策を行うのが、ホワイトハットSEOです。

ホワイトハットSEOは、その記事が本来あるべき順位に表示させる為の補助的なスキルです。

ですので、ホワイトハットSEOをマスターしたからといって、検索ユーザーを満足させれる記事が書けない場合は、その効果は期待できません。

ですが、既に検索ユーザーを満足させている記事がある場合は、ホワイトハットSEOの知識を身につける事で、書いた記事を、より正しく評価して貰え結果的に検索結果の上位に自分のブログを表示させる事ができます。

ホワイトハットSEOを理解するには、Googleの検索エンジンの仕組みを理解するところから始まる

Googleに正しく評価して貰える記事を書くには、Googleウェブマスター向けガイドラインを読みこみます。

ですが、Googleウェブマスター向けガイドラインを正しく理解するには、その予備知識として、Googleの検索エンジンの仕組みを理解しなくてはいけません。

例えば、ホワイトハットSEOの1つの手法に「内部リンク最適化」というものがあります。

内部リンク最適化とは、自分のブログ内の記事で、関連性の高い記事同士を内部リンクで繋ぎ、Googleのクローラーがブログ内をスムーズに巡回できる巡回経路を整備するという事です。

内部リンク最適化を行う事で、クローラーがブログに訪れた時、1回の訪問で複数のページをクローリングして貰うことができます。

内部リンク最適化はホワイトハットSEOの中でも特に重要なものです。

ですが、内部リンク最適化をより戦略的に行う場合は、Googleのクローラーがどういった動きをして僕たちの記事をクローリングしているのかを理解する必要があります。

ホワイトハットSEOには、内部リンク最適化を含めた「クローリング最適化」の他にも「インデックス最適化」と呼ばれるものがあります。

インデックス最適化とは、Googleのランキングエンジンに記事内容を正しく理解して貰うために記事を整えるスキルです。

やはりこういったものも、Googleがどのようにして僕たちの記事内容を読み取っているのか、どういったHTMLタグを重要視しているか、Googleが読みやすいHTML構造はどういったものか、などを理解する必要があります。

協定プログラムの内容について

これまでの話をまとめます。

・ネットビジネスが上手くいかない理由の99%は集客にある

・ネット集客には幾つか種類があるが、SEO集客は完全自動で集客ができる

・完全自動で集客するには条件が2つある。1つめは、長期的に検索需要がある記事を書く事。2つめは、検索結果のトップページに表示させる事

・記事を検索結果のトップページに表示させるには、検索ユーザーを満足させれる記事を書く

・「検索ユーザーを満足させる記事」をGoogleは正確に知る事が出来ない。なので、Googleがどういった記事を、検索ユーザーを満足させる記事と見なしているのかを理解して記事を書くと、上位表示される記事が書ける

・検索ユーザーに満足される記事を書く事は、上位表示させる上で最低条件で、書いた記事をGoogleに正しく評価して貰うには、ホワイトハットSEOを理解する必要がある

・ホワイトハットSEOを理解するには、まずはGoogleの検索エンジンの仕組みを理解する

協定プログラムは、

僕がこれまでテストを繰り返してきて解ったGoogleが言う「検索ユーザーを満足させる記事」の条件と、書いた記事をGoogleに正しく評価して貰うホワイトハットSEOの手順をステップ毎に解説した教材です。

協定プログラムの「協定」は、Googleと協定を結ぶ、というところから来ています。

Googleが検索シェアの大部分を占めている以上、僕たちがSEO集客を成功させるには「どうすればGoogleに評価されるコンテンツが作れるか」を考えなければいけません。

これまでのSEO対策は「如何にしてGoogleを欺くか」を考えられたものでした。

外部からの作為的な被リンク、キーワードの詰め込み、こういった事に時間を費やし、Googleからペナルティを受けサイトを失っても、また同じ手法でサイトを作り直す。そして再度ペナルティを受ける。

こんな事を繰り返しても長期的に報酬をもたらしてくれる「資産」のようなブログを持つことは出来ません。

5年、10年と経っても、自動でアクセスが集まり続けるブログを持つには、Googleと対立するのでは無く、Googleと協定を結ぶ事だと考えています。

協定プログラムを手にすべき人

協定プログラムは、コンテンツSEOをベースにしたホワイトハットSEOを解説している教材です。

この教材を元にブログ記事を書くことで5年、10年と報酬が発生し続ける資産のようなブログを持つ事ができます。

ただ協定プログラムは、アフィリエイト手法を解説している教材ではありません。

使い方としては、ブログやサイトを使ったアフィリエイトを既にやっている人が、更に効率良くアクセスを集める時に参考にする教材です。

ですので、

トレンドブログ、特化型ブログ、パワーブログ、なんでも良いです。ですが、何かしらSEO集客を利用したアフィリエイトブログをやっている方に役にたつ教材になります。

また、協定プログラムと相性の良いアフィリエイトブログというのもあります。

それは、長期運用が可能なブログです。

トレンドブログのような短期運用のブログとは相性は良くないです。

ですので、もしあなたが、トレンドブログをやっていて、そのアクセスを増やす為に協定プログラムのノウハウを使おうと考えても、おそらく思ったような成果を得る事は出来ません。

協定プログラムと相性の良いアフィリエイトブログは、特化型ブログやパワーブログといった年単位で、報酬を上げ続けてくれる資産のようなブログです。

ですので、もしあなたが、特化型ブログやパワーブログなどに興味があり、それらのブログでより短期間で、より大きな成果を得たいと考えている場合に限り、協定プログラムを手にして下さい。

この記事の最初にお伝えしたように、協定プログラムの値段は79,800円です。

一般的に見て、この値段は決して安くはないと思います。

僕が、あえてこの値段設定にしたのは、一般の人には手にとって貰いたくないからです。

協定プログラムの内容は、僕がこれまで複数のブログを使ってテストを繰り返してきて解った、ブラックな手法を一切使わずに検索結果の上位にブログを表示させるノウハウになります。

このノウハウを理解できるのは、既にブログ、もしくはサイトアフィリエイトで結果を出している人だと考えています。

アフィリエイトで、まだ1円もお金を稼いだ経験が無い人が、このノウハウを読んでも理解できません。

ですので、既に、そういったアフィリエイト手法で結果を出しており「後はブログのアクセス数が延びれば、それに比例して報酬もあがるはずだ…」と予想できる状態にいる方に手にとって頂きたいです。

協定プログラムはこちから購入できます

協定プログラムを手に入れる

※協定プログラムの値段は79,800円です。決済方法は、クレジットカードもしくは銀行振り込みになります。どちらとも一括でのお支払いになります。

たまに「分割購入に対応して頂けないでしょうか?」といった質問を頂きますが、分割には対応しておりません。

分割に対応したほうが、あなたに手にして頂けやすくなるのは承知ですが、無理をしてまで手にして頂く必要はございません。

どうしても手にしたい場合は、手持ちに余裕が出来るまで、お待ち頂ければと思います。

協定プログラムは、個数限定商品でも期間限定商品ありません。

いつか販売を停止すると思いますが、今のところ予定はありません。

ですので、手持ちに余裕ができるまでネトレピを読んで頂きホワイトハットSEOの基礎を身につけて頂ければと思います。

このページの先頭へ