メルぞうの無料レポート登録方法と審査が通らない理由


今回は、メルぞうに無料レポートを載せる方法についてご説明します。

メルぞうの審査も通らない方がいるようです。

メルぞうのレポート審査と流れについて

メルぞうに会員登録した後は、無料レポートを掲載してメールアドレスを取得し、自身のメルマガ読者を増やしていきます。

その際いくつか注意点がありますので、それも含めてレポート掲載方法をご説明していきます。

無料レポートの作成

まずは、無料レポートの作成です。無料レポートを書く時はワードで書いて下さい。以下の様な構成で書いていきます。

・  表紙(タイトル)

・  目次

・  著作権とメルマガ登録の旨

・  ご挨拶

・  本文

・  発行者情報

表紙はあった方がいいです。後で説明しますが、表紙は自分で用意するか、無くても構いません。目次も用意しておきましょう。

著作権とメルマガ登録の旨は、このレポートに著作権があることを明記して、後で登録されたメールアドレスを自身のメルマガに代理登録する旨を伝える部分です。

ここが無いとレポートの審査に通らないので、必ず明記して下さい。

挨拶は必ずしも必要ではありませんが、レポートの著者すなわちメルマガの発行者として自己紹介などをしておくと良い印象を持たれます。

本文はあなたの無料レポートの中身なので思う存分書いて下さい。

ただし、無料とは言えあくまでレポートなので、ある程度文量が必要です。

表紙も含め、全体のページ数の目安は10ページ以上です。

ただ、10ページくらいでも構いませんが、やはりそれなりの文量がないと読者は満足してくれませんし、中身の情報そのものも濃さが必要です。

最後に発行者情報なのですが、ここでは発行者の名前(ニックネームのみでも可)、運営しているサイトやブログのURL、連絡の取れるメールアドレスを明記して下さい。

このとき、サイトのURLがちゃんとリンク先に飛ぶようにハイパーリンクを付けて下さい。これがリンク先に飛ばないと審査に通らないので、本文中も含めて全てのURLにハイパーリンクを設定して下さい。

できる方は、ワードで作成した際にページ番号と著作権の表記(Copyright(C) 名前 All Right Reserved.)をしておきましょう。メルぞうは購読者目線のレポート審査を行っているので、こうした表記があったほうが良いです。

無料レポートをPDFファイルにする

レポートが完成したら、一旦ファイルを保存します。そしたらワードの「ファイル」から「プリント」を選択して「PDF」というところから「PDFで保存」をクリックして、作成したレポートをPDFファイルとして保存して下さい。

ここで注意点があります。メルぞうでは1つのレポートの大きさが「1.6MB以内」と決められています。特に画像を多用していると、ファイルサイズが大きすぎて申請できません。

そこで、ワードの「ファイル」から「ファイルサイズを圧縮する」を選択して、ファイルサイズを小さくしてからPDFファイルにして下さい。

一度PDFファイルにしてみて、ファイルサイズが大きいようであれば、もっとファイルサイズを小さくして下さい。

そして、保存したPDFファイルの名前を英数字に変更します。

先ほど発行者情報としてレポート内にサイトやメールアドレスと言ったURLを記載しましたので、ここで一旦PDFファイルを開いて(Adobe Reader)そのURLがリンク先に飛ぶかどうかを確かめて下さい。

特にメールアドレスはハイパーリンクの設定時に、「mailto:〜yahoo.co.jpまたは〜gmail.com」というようなリンク先になっていないと、クリックしてすぐにメールスタンドが立ち上がらないので、注意して下さい。

PDFに変換した時にURLのリンクが上手く貼られていない時は、再度ワードで編集するかAdobe AcrobatというAdobeのソフトウェア(有料)を購入するか、リンクの編集ができるフリーソフトを使ってリンクを作成して下さい。

リンクの確認が出来ましたら、PDFファイルを保存して下さい。

無料レポート審査の申請

メルぞうにレポートの申請をします。メルぞうにログインして、メルマガ発行者メニューから「レポートの掲載依頼」を選択してクリックし、レポート申請の画面に入ります。

26

「読者を増やすメールマガジン」で、あなたが増やしたいメルマガを選択します(予めメルマガ発行者メニューの「メルマガ情報を登録する」からメルマガを登録しておいて下さい)。

「レポート名」で発行したい無料レポートの名前を記入します。

レポート名は一字一句間違わないようにして下さい。間違っていると審査に通りません。「説明文」は、メルぞうのトップページに掲載される時の紹介文です。

ここで、誰かの目に止まるような文を書いておくと、レポートの購読率が上がります。

「請求ページの説明文」は、トップページなどからレポート名がクリックされた時に、レポートを購読するための手続き画面で表示される文です。ここはレポートの概要を説明するところなので、レポートが有用であることなどを盛り込むなどしてしっかり書いて下さい。

「レポートファイル」で作成したPDFファイルを登録します。先程も書きましたが、PDFファイルのサイズが1.6MB以内じゃないと登録申請出来ません。

最後に「表紙画像ファイル」は、gif形式で保存された、サイズが30KB以内の画像ファイルを登録します。ここで登録された画像は、トップページなどでレポートのイメージ画像として使用されます。

冒頭でもお伝えしましたが、表紙は無くても構いません。しかし、用意したほうがレポートの購読率は上がります。

入力が完了したら「確認」ボタンで確認画面に入り、登録申請を行ってください。

ただし、メルぞうでは長時間操作が行われないとログイン画面に戻されるので、予め説明文などを作成しておいてからコピーして入力すると作業が楽です。

レポートの審査は約2〜3日くらいかかります。レポートを隅々まで見て、基準に達しているかどうかを調査しているようなので、少し時間がかかります。

まぐぞう審査に通過し無料レポート掲載完了

審査に通過すると次のようなメールが届きます。

27

これで、メルぞうにレポートを掲載することが出来ました。レポート申請の流れは以上になりますが、レポートが掲載不可だった場合は、レポート内容に不備がある事が多いので、よく確認して下さい。

無料レポートの審査が通らない理由一覧

メルぞうの管理人がメルぞうでの審査基準についてブログで公表しています。メルマガ発行者メニューの「レポートの掲載依頼」の欄に、「審査基準についてはこちらをご覧ください→審査基準」と書かれた文章がありますので、そちらを参考にすることが出来ます。

特にこのような部分に注意して下さい。

・  アダルト系は審査に落ちます。

いくら書いても落ちるだけなので止めましょう。

・  内容が1~2ページで終わるなど内容の薄いレポートは審査に落ちます。

文量として最低でも10ページは書きましょう。

・  レポート内に記載されたリンクが切れている場合は審査に落ちます。

本文でも述べましたが、PDFファイルのリンク切れを起こさないようにして下さい。ここは最重要ポイントです。

・  誰が作ったかわからないレポートは審査に落ちます。

レポート内に名前(ニックネーム可)とメールアドレスなど連絡先は必ず入れて下さい。

・  レポート名に有名人や映画などのタイトルが含まれるレポートは審査に落ちます。

見落としがちなので、レポートをよく調べて下さい。

・  販売されている教材などを暴露しているレポートは審査に落ちます。

トラブルになりかねないので、やめましょう。

・  他人の悪口などをかいてあるレポートは審査に落ちます。

誹謗中傷や、それを連想させるような文章は無料レポートに限らず、厳禁です。

・  自分で作成していないと判断されたレポートは審査に落ちます。

丸パクリはいけません。自分の言葉で書きましょう。

・  以前審査に通ったレポートと同じような内容(少し改変したとか)のレポートは審査に落ちます。

似たようなレポートの量産はやめましょう。

ただ、レポートの内容変更などは、メルぞうのお問い合わせから削除依頼して新たに審査に出す事になりますが、通常の審査と同じ時間がかかります。

・  レポート内で有料商材への誘導をしない。

いわゆる「アフィリエイトリンク」のURLがあると審査に通りません。

・  怪しい内容のレポートにしない。

法律スレスレの方法など、情報として適切ではないレポートを書いてはいけません。

・  代理登録されることが明確か。

レポートに必ず明記して下さい。

・  メルマガの解除フォームが設置してあるか。

メルマガはいつでも解除できるようにしておきます。

・  すでに同じレポートが無いか。

メルぞうで検索して確かめて下さい。

・  その他不適切であると判断したレポートは審査に落ちます。

ここで述べた基準をクリアしたレポートであっても、メルぞうが判断して不掲載となる可能性があります。

基本的な審査基準は以上です。

特に気をつけていただきたいのは、レポートファイル内のリンク切れ、レポート名の間違い、発行者情報、有名人や映画などのタイトルです。

有名人や映画などのタイトルは、使用した画像で引っかかる事が多いので、ワード内で黒塗りにするなどして対処して下さい。

メルぞうでは、レポート審査は週に1回だけしか申請できません。

審査に通らないと、次の審査を受けるのに来週まで待たないといけませんので、よく確認して下さい。

無料レポートの文量が多すぎる場合に審査される方法

また、何十ページにもわたる文量の超大作のレポートを書いて、それを無料レポートにしたいときは、申請するPDFファイル内にリンクを貼って、そこから読んでもらう方法もあります。

まず、超大作のレポートをPDFにして、FTPソフト(または契約しているサーバーのファイルマネージャーなど)で自身のサーバにアップロードします。

そして、審査に出すためのPDFファイル内に、超大作のレポートへのURL「http://ドメイン名/ディレクトリ名/ファイル名.pdf」を記載して、ハイパーリンクでリンク先に飛ぶようにします。

この方法ならば、審査に出すPDFファイル自体のファイルサイズを1.6MBの範囲内に収めながら、100ページを超すような超大作のレポートでも掲載することが出来ます。

この方法の注意点は、リンク切れやリンク先の文字化けを起こさないことと、必ず発行者情報や代理登録の旨をレポート内に明記することです。申請に出すPDFファイルに「超大作のレポートのため、リンク先に掲載しています」などと断り書きがあると親切ですね。

無料レポートの審査を通した後はメルマガ登録

このようにして、メルぞうに無料レポートとして掲載されて購読されると、メルマガ発行者メニューの「アドレスをダウンロード」から、購読者のメールアドレスを取得できるようになります。

ここで取得したメールアドレスを、自分でメール配信スタンドに代理登録していくことになりますが、遅くとも1周間以内には代理登録をしておいて下さい。

手動での登録になりますので、2重登録にならないようにして下さい。

次ページ

12次

今回の記事はお役にたてましたでしょうか?

もし、今回の記事を読んで感想や分からない事などありましたら、下のフォームより僕にお伝え下さい。

些細な事でも構いません。

おそらく、あなたが抱いた疑問は、これからこの記事を読む方も抱く疑問です。

そういった疑問を1つ1つ解決していきます。

コメントして頂ければ気づき次第、すぐに回答いたします。

このブログは、

・アフィリエイト開始初月から9万円のネット収入が得られた秘密

アフィリエイト開始2ヶ月目で以前勤めていた会社からの給料と
 同額
のネット収入を確保した方法

・5ヶ月目で月収120万円を達成した最先端テクニック

・これから流行り始めるブログマネタイズの新しい思考法

などを書いています。

只今、ブログの内容をより体系的にまとめたビジネス教科書を
無料でプレゼントしています。

以下のフォームに教科書を受け取るメールアドレスと、
あなたの苗字を記入してプレゼントをお受け取り下さい。





記事一覧


著者:ヒデアキ
現在は、毎月100万円の収入を得ているブログアフィリエイトの知識を活かして「新たな収入源を手に入れ大切な人を守りたい」と真剣に考えている方を全力でサポートしています。
更に詳しいプロフィールはこちら


このページの先頭へ