ツイッターの44パーセントという数字とネットビジネスの稼ぐ道


ヒデアキです

ツイッターにまつわる数字44パーセント。唐突ですが、これなんだか分かりますか?

もう1つ質問です。全世界のツイッターアカウントってどのくらいあるかご存知ですか?

さらにもう1つ。その中で、ツイート歴ゼロのアカウントの割合ってどのくらいか分かりますかね?

ツイッターの44%はツイートしてない

そうなんです。この44%という数字は、全世界のツイッターアカウントのうち、全くツイートをしないツイート歴がゼロのアカウントの数の割合なのです。

ちなみに、ツイッターのアカウントというのは、全世界で約10億人が持っているとされています。仮に、10億人が1人1つのアカウントを持っていたら、およそ約4億4千万人が全くツイートもせず、放ったらかしということになります。

さぁ、困ったツイッター社!

ちなみにこの数字はツイッター社の公認ではありません。ツイッターのアカウントをモニタリング調査しているサイト「Twopcharts」というところが行った調査結果です。

こういうネットビジネス系の企業は、あまり自分たちのこうした数字を公表したりはしない傾向にあります。なので、民間の会社などが独自に調査することがあるのです。ちなみに、ツイッターの月間アクティブユーザーは全世界で約2億4千万人。アクティブユーザーとは、1カ月に1回以上ログインした利用者のこと。なので、月間アクティブユーザーとみなされるためにツイートする必要はなく、あくまでログインした人数ということ。

全世界のツイッターアカウントが約10億個。そのうち、ツイート歴ゼロのアカウントが44%で4億4千万アカウント。

何が言いたいかというと、ツイッターは、このツイート歴ゼロのアカウントを解消することによってまだまだ売上を伸ばせるという事です。

ツイッターに見るネットビジネスで稼ぐこと

ツイッターの収益に関してはこちらで確認できます。

ツイッターの収益は何か?何で儲けているのか?

ツイッターは、広告主たるプロモアカウントに対して一般のユーザーがツイートや、お気に入りに登録するなどの行動をすることにより広告収入につなげています。つまり、広告収入を増やすには、新しいユーザーの登録か、ツイート歴ゼロのアカウントに復活してもらうことが必要なのです。

Twopchartsによると、全てのアカウントのうち30%が少なくとも1~10回のツイートをしていて、100回以上ツイートしたアカウントは13%だそう。さらに、過去30日以内にツイートをしたアカウントは23%。

これを売上に繋げる目的なのか、ツイッター社はソーシャルメディアの情報分析を手掛けるグニップ(Gnip)という会社を買収したそうです。この会社は、ソーシャルメディアの情報分析を手がけている企業です。

どんな言葉が頻繁にツイートされたか、ある話題で影響力のある人物は誰か、などといったことを知れば、今後の売上に繋げられるんです。情報を分析してそれを提携先の企業に販売する情報ビジネス。早い話、情報を売っているんですね。

ということは、こういうのも1つのネットビジネスと言えますね。

こういう企業を買収し始めたということはツイッターに何か更なる動きがあるのかもしれません。今後の展開が楽しみです。

次ページ

12次

今回の記事はお役にたてましたでしょうか?

もし、今回の記事を読んで感想や分からない事などありましたら、下のフォームより僕にお伝え下さい。

些細な事でも構いません。

おそらく、あなたが抱いた疑問は、これからこの記事を読む方も抱く疑問です。

そういった疑問を1つ1つ解決していきます。

コメントして頂ければ気づき次第、すぐに回答いたします。

このブログは、

・アフィリエイト開始初月から9万円のネット収入が得られた秘密

アフィリエイト開始2ヶ月目で以前勤めていた会社からの給料と
 同額
のネット収入を確保した方法

・5ヶ月目で月収120万円を達成した最先端テクニック

・これから流行り始めるブログマネタイズの新しい思考法

などを書いています。

只今、ブログの内容をより体系的にまとめたビジネス教科書を
無料でプレゼントしています。

以下のフォームに教科書を受け取るメールアドレスと、
あなたの苗字を記入してプレゼントをお受け取り下さい。





記事一覧


著者:ヒデアキ
現在は、毎月100万円の収入を得ているブログアフィリエイトの知識を活かして「新たな収入源を手に入れ大切な人を守りたい」と真剣に考えている方を全力でサポートしています。
更に詳しいプロフィールはこちら


このページの先頭へ