Ping送信管理プラグインWordPress Ping Optimizerの導入方法と役割


今回はPing送信を管理してくれる「WordPress Ping Optimizer」というプラグインについて解説します。

 Ping送信とは

そもそも、Ping送信とは何か?Pingとは「Packet INternet Groper」の略で、要するにサイトの信号みたいなものです。

このPing(信号)をネット上にあるいろんなサーバーに送り届けるのがPing送信です。なぜPing送信をするのかというと、自分のサイトやブログを更新したら、いろんな所にお知らせをしないと見てもらえないからです。

そのお知らせ先というのがネット上の様々なサーバーです。検索エンジン大手のGoogleは、検索結果に表示するサイトを決めるのにクローラーと呼ばれるロボットを使っています。

このクローラーがサイト内を見て回り、サイトとしての良し悪しを評価したりして、実際の検索結果に反映させます。

それで、このクローラーはPing送信先のサーバーもチェックしています。そこにPing送信をしておくとクローラーを自分のサイト内に呼び込む効果があり、検索結果に自分のサイトが表示されやすくなるとされています。

 WordPressのPing送信

ここからが本題です。

実はワードプレスは、投稿記事更新のたびに、予め設定したPing送信先に、記事の情報を自動で送信しています。

「更新のたびに」Ping送信をしてしまうので、送信先のサーバーに負担をかけます。すると送信先のサーバーから「スパム認定」されてしまい、Googleの検索結果に影響が出てしまいます。

そこでPing送信を管理してくれる「WordPress Ping Optimizer」というプラグインの出番です。このプラグインにPing送信先を設定しておくと、先ほどの無駄なPing送信を防止してくれます。

WordPress Ping Optimizerの導入と使い方

Step.1

まず、予めPing送信先を設定しておきます。

ピン送信画像4

 

ダッシュボード→設定→投稿設定と進み、画面下の「更新情報サービス」というところの空白部分にPing送信先を設定しておきます。

Ping送信先は、送信先のサーバーが無くなっていたりすることもあるので、常に送信できる最新の送信先を選ばなくてはいけません。なので検索ブラウザで『ping送信先 最新』などと検索してping送信先の最新情報を取得し、取得したping送信先を設定します。

ping送信先はいくつ入れても大丈夫ですが、ちゃんとping送信できるものを入れたほうが良いです。

WordPress Ping Optimizer導入後に、うまくいかないping送信先を除外することも出来ますので、まずはネットから拾ってきたping送信先を設定してみましょう。

入力後に「変更を保存」をクリックして設定完了です。

Step.2

ワードプレスのダッシュボード→プラグイン→新規追加に入り、「WordPress Ping Optimizer」と検索してプラグインをインストールして有効化して下さい。

Step.3

有効化したらダッシュボード→設定→WordPress Ping Optimizerを開いて下さい。

ピン送信画像1

画面中央に空白のスペースがありますので、Step.1で設定したPing送信先(既に入力済みの場合はそのままで)を入力して、「Enable pinging」のボックスにチェックを入れます。完了したら「Save Settings」をクリックして設定完了です。

Ping送信を防いだ記録の確認

これで、WordPress Ping Optimizerが働いて、無駄なPing送信を防いでくれます。ちなみに、この設定画面の下の方にPing送信を防いだ記録がなされているのが分かります。

ピン送信画像2

「NOT Pinging」となっているのはPing送信をしませんでした、というお知らせです。このように、記事を書いて更新する時に、編集状態を非公開設定にしておくとPing送信をせずに済みます。

設定したばかりだと「No ping log recorded yet」と表示されると思いますが、単にインストールしたばかりでping送信が行われていないだけなので、問題ありません。

実際に公開すると次のようになっています。

ピン送信画像3

左側の三角部分が緑色になっているのがわかると思います。これが「Ping送信しましたよ」という表示です。

黒で塗りつぶしてしまいましたが、ここはPing送信した時間が記録されていて、ここをクリックするとPing送信が成功したかどうかが分かります。

ピン送信画像5

緑の文字になっていればPing送信成功、赤字になっているところはPing送信失敗の表示です。

赤字になっているPing送信先は使えなくなっているか、一時的なエラーの可能性があります。なので、そのPing送信先が常に赤字になるようであれば設定から取り除いておきましょう。

    

感想・質問コーナー

  1. […] 参考:Ping送信管理プラグインWordPress Ping Optimizerの導入方法と役割 | 【ネトレピ】トレンドアフィリエイト・特化型ブログ・コピーライティングで収入を複数作るレシピ […]

今回の記事はお役にたてましたでしょうか?

もし、今回の記事を読んで感想や分からない事などありましたら、下のフォームより僕にお伝え下さい。

些細な事でも構いません。

おそらく、あなたが抱いた疑問は、これからこの記事を読む方も抱く疑問です。

そういった疑問を1つ1つ解決していきます。

コメントして頂ければ気づき次第、すぐに回答いたします。

このブログは、

・アフィリエイト開始初月から9万円のネット収入が得られた秘密

アフィリエイト開始2ヶ月目で以前勤めていた会社からの給料と
 同額
のネット収入を確保した方法

・5ヶ月目で月収120万円を達成した最先端テクニック

・これから流行り始めるブログマネタイズの新しい思考法

などを書いています。

ブログの内容をより体系的に学びたい場合はメルマガにご登録下さい。

只今、5万円相当のビジネス教科書を無料プレゼントしています。





記事一覧


このページの先頭へ