ワードプレスでページナビを表示させるプラグインWP Page Numbersの設定方法


ワードプレスで記事を書いていくと、トップページの記事一覧の一番下に、前のページや次のページに進むためのリンクが現れます。

p1

この「新しい記事へ」と「以前の記事へ」の部分なんですが、もっと先のページに進みたい時でも1ページずつしか進めないんですよね。

p2

ですが、このようにして、ページナビと呼ばれるページ番号を表示させれば、サイトの循環をスムーズにすることができます。

この記事では、このページナビを表示させるプラグイン「WP Page Numbers」の設定方法について解説します。

WP Page Numbersの設定方法

まずはプラグインをインストールして、有効化して下さい。

index.phpを編集

まずは、プログラミングコードを追加します。

今回はPHPファイルのうち、「index.php」を編集します。

ワードプレスのダッシュボード→外観→エディター(テーマの編集)→メインインデックスのテンプレート(index.php)のファイルに進みます。

p3

その中に画像のような部分があると思います。ここを編集します。

※コードをいじるのが不安な方は、予めバックアップをとっておきましょう。

下にコードを抜き出してみました。

ここの3行目にあるコードを削除して、新たなコードを追加します。

分かりました?

つまり、

の部分(賢威の「新しい記事へ」と「以前の記事へ」を出力しているコード)を消して、

という、WP Page Numbersを出力するコードを追加するということです。

追加したら、「ファイルを変更」をクリックして保存して下さい。

WP Page Numbersの設定をする

次にWP Page Numbersの設定をしていきます。

ワードプレスのダッシュボード→設定→Page Numbersに進みます。

p4

すると次のような画面が出現しますので、上から設定していきます。

Page Number Themes

ここでは、ページナビのデザインを選ぶことができますので、好きなスタイルを選んで下さい。

Settings-Text

Settings-Textでは、デサイン内の文字や記号を自由に変えることができる部分です。デフォルトではなく、違う文字にしたいときなどに代わりの文字を入力することで反映させることが出来ます。

Settings-show/hide

こちらはデザインのテンプレートにある文字や記号の表示/非表示を選択することが出来ます。

p5

これ以降の設定は必要ないので、1番下の「Update Settings」をクリックして設定は完了です。

トップページに戻れば、次のようになります。

p6

これでWP Page Numbersの設定は完了です。

次ページ

12次

今回の記事はお役にたてましたでしょうか?

もし、今回の記事を読んで感想や分からない事などありましたら、下のフォームよりお伝え下さい。

些細な事でも構いません。

おそらく、あなたが抱いた疑問は、これからこの記事を読む方も抱く疑問です。

そういった疑問を1つ1つ解決していきます。

コメントして頂ければ気づき次第、すぐに回答いたします。



総合案内

著者情報
著者情報
年収1000万円まで守る2つの事
年収1000万円まで守る2つの事
読者さまの声
読者さまの声
もくじ
もくじ
超初心者講座
超初心者講座
ブログ基礎講座
ブログ基礎講座
トレンドブログ講座
トレンドブログ講座
パワーブログ講座
パワーブログ講座
マインドセット
マインドセット
コピーライティング
コピーライティング
ブログアフィリエイト
ブログアフィリエイト
トレンドアフィリエイト
トレンドアフィリエイト
ネットビジネス
ネットビジネス
SEO
SEO
コラム
Googleアドセンス
Googleアドセンス
与える事に徹する
与える事に徹する
先生の選び方
先生の選び方
Googleアドセンスの始め方
Googleアドセンスの始め方
賢威カスタマイズ
賢威カスタマイズ
このブログについて
このブログについて
女性のブログアフィリエイト
女性のブログアフィリエイト
そもそものステップが違う
そもそものステップが違う
中高年の方はシンプルな方法がお勧め
中高年の方はシンプルな方法がお勧め

著者:ヒデアキ
現在は、ネット集客のスキルを活かして既に起業されている方やこれから起業を真剣に考えている方を全力でサポートしています。
更に詳しいプロフィールはこちら

このページの先頭へ