Xサーバーにワードプレスをインストールする手順と方法


Xサーバーにワードプレスをインストールする方法についてご説明します。導入の手順はこのようになります。

ドメインとXサーバーを契約する → MySQLデータベースを設定する → 自動インストールによるワードプレスのインストール

現在は、こちらの記事で解説している方法よりも、Xサーバーで解説している「ワードプレス自動インストール」のほうが簡単ですので、そちらを参考にして頂ければと思います。

現在は、MySQLデータベースを手動で設定せずともワードプレスをインストールする事が可能です。

自動インストール手順

特にわかりにくいのはMySQLデータベースの設定と自動インストールによるワードプレスの導入だと思うので、そちらについて解説していきます。

※設定の際はパスワードや名前などは必ずメモを取っておいて下さい。万が一の時に、アクセスできなくなってしまいます。パソコンで作っておいて印刷などするとより確実です。

MySQLデータベースの設定

ドメインとサーバーの契約が済んだら、Xサーバーのトップページからインフォパネル(管理画面)にログインします。

XサーバーWP導入画像1

次に、画像の赤枠部分の「ログイン」からサーバーパネルに入ります。隣のファイルマネージャは、サーバー内部に入って権限の変更などが出来ます。いわゆるFTPソフトのサーバー側のファイルの設定ができるところです。

XサーバーWP導入画像2

こちらがサーバーパネルになります。ここからワードプレスを導入します。そしたら次にMySQLデータベースを設定するので、画像赤枠の「MySQL5設定」をクリックします。

XサーバーWP導入画像3

するとこのような画面になりますので、赤枠の「MySQLの追加」をクリックします。

XサーバーWP導入画像4

このような画面になります。MySQLデータベースのところにある入力フォームに、データベースの名前を半角英数字で入力します。画像の名前は例として「wp」と入力しています。そのあと、下の文字コードのところを必ず「UTF-8」に設定して下さい。これは絶対確認して下さい。そのあと「MySQLの追加(確認)」をクリックして先に進みます。

XサーバーWP導入画像5

確認の画面が出てきますので、これでOKなら「MySQLデータベースの追加(確定)」をクリックします。

XサーバーWP導入画像6

完了したら、次は赤枠の「MySQLユーザの追加」をクリックします。

XサーバーWP導入画像7ここはMySQLデータベースのパスワードを設定するところです。MySQLユーザIDに、先ほど作成したMySQLデータベースの名前(wpとなっていたところ)を入力します。そして、MySQLデータベースにアクセスするためのパスワードを入力します。パスワードの確認にも同じパスワードを入力して、「MySQLユーザの追加(確認)」をクリックします。

XサーバーWP導入画像8

確認画面になりますので、確認できたら、「MySQLユーザの追加(確定)」をクリックします。

XサーバーWP導入画像9

完了したら、最後に「MySQLの一覧」をクリックします。

XサーバーWP導入画像10

ここで先ほど作成したMySQLデータベースに、所有者としてアクセスするためにMySQLユーザIDを追加(登録)します。黒塗りのところが先ほど作成したMySQLの名前になっていることを確認したら、赤枠の追加ボタンをクリックします。

XサーバーWP導入画像11

これでMySQLデータベースの作成と設定は完了です。続いてワードプレスの自動インストールをしますので、サーバーパネルに戻ります。

ワードプレスの自動インストール

XサーバーWP導入画像12

サーバーパネルのトップ画面に戻ったら、次はワードプレスをインストールします。このとき、左下にある赤枠に注意して下さい。ここで選択されているドメインが、サーバーのURLになっていると、ワードプレスをインストールした時のURLが「http://サーバ名.xsrv.jp」になってしまいます。

購入したドメインなどを使う場合は、赤枠内の選択バーから使いたいドメインを選んで、下の「設定対象ドメインの変更」をクリックして、対象ドメインを変更して下さい。

変更は1秒で終わります。その後、画面中央の赤枠の「自動インストール」をクリックします。

XサーバーWP導入画像13

このような画面になりますので、「プログラムのインストール」をクリックします。

XサーバーWP導入画像14

インストールできるプログラムが表示されますので、赤枠の「WordPress 日本語版」を見つけ、「インストール設定」をクリックします。

XサーバーWP導入画像15

まず、インストールするドメインが「http://サーバ名.xsrv.jp」になっていないか確認して下さい。そして、ブログの名前、ユーザ名(半角英数字)、パスワード(半角英数字)、メールアドレスの入力します。

続いてデータベースです。「作成済みのデータベースを利用する」の部分にチェックをいれると、下に先ほど作成したMySQLデータベースが出てきます。それを確認して、データベースのパスワードを入力します。

ここで入力項目の全てを確認し、OKなら赤枠の「インストール(確認)」をクリックします。

XサーバーWP導入画像16

ここが最終の確認画面です。

※再度書きますが、パスワードや名前などは必ずメモを取っておいて下さい。万が一の時に、アクセスできなくなってしまいます。パソコンで作っておいて印刷などするとより確実です。

項目に誤りが無ければ、「インストール(確定)」をクリックします。

XサーバーWP導入画像17

このようになれば完了です。後は中央のリンク先からワードプレスの画面に入り、IDとパスワードを入力してダッシュボードにログインすれば完了です。

次ページ

12次

    

感想・質問コーナー

  1. さゆた より:

    ヒデアキさん、こんばんは。
    昨夜、別のコンテンツのコメント欄からXサーバーの質問をしてしまいました。
    今日もXサーバーの事でわからないことを質問させてください。

    申し込みが必要の追加ドメインと無制限に作れるマルチドメインの違いがよくわかりません。
    マルチドメインで別のサイトを作れるようですが、違いがよくわからないため、一つのサーバーIDで幾つも作るマルチドメインだと先に作ったワードプレスのサイトのデータが消えたり上書きされるのではないかと心配になりました。

    昨夜に別のコメント欄から質問した続きになってしまい申し訳ございません。
    よろしくお願いします。

    • ヒデアキ より:

      さゆたさん

      こんばんは、ヒデアキです

      メッセージありがとうございます

      そうですね、マルチドメインとは、1つのサーバーで複数のドメインを管理できる、という事です。

      ただ、ドメインは、1つ○円と、有料です。

      追加ドメインは、「ドメインを購入しますか?サーバーに追加しますか?」という意味です。

      マルチドメインに対応しているサーバーでも、追加するドメインは、1つ1つ購入する事になります。

      また、Xサーバーは、その契約料が、他のサーバーと比べて少し割高なぶん、カスタマーサポートが充実しています。

      ですので、Xサーバーに関する問題や疑問は、Xサーバーの方に聞かれると、より的確なアドバイスが返ってきます。

  2. フランク より:

    トレンドアフィリエイトをこれから始める場合独学でも可能性はありますでしょうか?

    • ヒデアキ より:

      フランクさん

      こんにちは、ヒデアキです

      メッセージありがとうございます

      そうですね、どんな事でも人から習ったほうが早く上達しますが、
      独学でやっても結果を出す事は十分可能です。

今回の記事はお役にたてましたでしょうか?

もし、今回の記事を読んで感想や分からない事などありましたら、下のフォームより僕にお伝え下さい。

些細な事でも構いません。

おそらく、あなたが抱いた疑問は、これからこの記事を読む方も抱く疑問です。

そういった疑問を1つ1つ解決していきます。

コメントして頂ければ気づき次第、すぐに回答いたします。

このブログは、

・アフィリエイト開始初月から9万円のネット収入が得られた秘密

アフィリエイト開始2ヶ月目で以前勤めていた会社からの給料と
 同額
のネット収入を確保した方法

・5ヶ月目で月収120万円を達成した最先端テクニック

・これから流行り始めるブログマネタイズの新しい思考法

などを書いています。

只今、ブログの内容をより体系的にまとめたビジネス教科書を
無料でプレゼントしています。

以下のフォームに教科書を受け取るメールアドレスと、
あなたの苗字を記入してプレゼントをお受け取り下さい。





記事一覧


著者:ヒデアキ
現在は、毎月100万円の収入を得ているブログアフィリエイトの知識を活かして「新たな収入源を手に入れ大切な人を守りたい」と真剣に考えている方を全力でサポートしています。
更に詳しいプロフィールはこちら


このページの先頭へ